2009年8月22日土曜日

自分の感情に流されないこと

感性や、個性が、重要視される今日。

本当の「感性」や「個性」を持っている子は、逆に少なくなっているような気がします。

  ・ 「個性的」であらなければ、と無理に作りこんだ個性を主張

  ・ 自分には「個性」がないと、必要以上に落ち込んだり

「感性」や「個性」とは、その人の一生をかけて、

磨き続けていくものです。

もちろん、「時分の花」ということもあります。

だけど、それはやはり、「まことの花」ではありません。

   詳しくは、『風姿花伝』 (世阿弥)を読んでください。


少年前期から、少年後期に移る、中高生のころは、身体も心も、バランスを失いがちです。

今までできたことができなくなったり、妙にいらいらしてしまったり。。。


そういう自分をしっかり観察させ、かつ「自分の感情に流されないこと」

いつも、口を酸っぱくして言っています。(なかなか分からないからこそ、何度でも)


「好きなこと」に没頭することは、またこの時期に必要なことです。

それと同時に、「自分の感情に流されないこと」、我慢して努力すること、

それも学んでおかないと。。。

うちの塾にくる子は、そういう「稽古」をしてるんだろうな、と思います。



ポチっとお願いします。

blogramランキング参加中!

明日もがんばります。


画像は、『流されるまま。』さんよりお借りしました。
どうもありがとうございました。