2009年1月12日月曜日

なぜ学校では、英国数理社を教えるのか?Vol.4

これまでは、割と、現行システムなどの良くない話ばかり書いてしまいました。

まあでも、悪い面ばかりではありません。


もっと、話を単純化して、たとえば、
A: 本をたくさん読まなければならない勉強
B: 本を早く読める勉強
の2種類の勉強があるとして、

あなたは、どちらを先にやりますか?

当然、Bからやりますよね。その方が、全体の効率が良いから。


一見空虚に思える勉強をしているのは、そういうことだと思います。

ただし、今の「英国数理社」が、基礎学力を育てるのに役立つというのは、百歩譲って認めたとして、
今の「英国数理社」だけが、それをできるわけではない、とは思います。



ポチっとお願いします。

blogramランキング参加中!

明日もがんばります。

『勝者の資格』

「一」にはじまり、「一」はすべて すべては不調時の過ごし方で決まる 練習とは、不可能を可能にすること 適当な仕事にスランプなし 進歩はなぜの積み重ね なぜチャレンジには限りがないか 仕事の三大要素ー計画、実行、確認 尊い知識ほど単純である 理をもって戦うという...