2009年1月19日月曜日

フィンランド 2冊

  『フィンランド教育 成功のメソッド』
 「フィンランド 豊かさのメソッド」

フィンランド系2冊。

PISAの学力調査以来、すっかり有名になったフィンランドの教育について。

この2冊から、ぼくが感じたことは、結局日本もフィンランドも、人はそんなに変わらないのではないかということでした。
当たり前のことですが、フィンランドの何もかもがすばらしく、日本の何もかもが劣っているわけではありません。
フィンランドも日本と同様、さまざまな問題を抱えています。

ただ、その対処について、一人ひとりに任されている部分が大きいと感じました。
日本では、どちらかというと制度(システム)の問題としてしまいすぎていないでしょうか?
平等、均一、そして責任の回避に主眼が行き過ぎて、目の前の問題にフォーカスできていないのではないでしょうか。

青山プレップスクールは、「当たり前のことを当たり前にやっている」と言い切れますが、
普通の学校や塾の先生方はどうなのでしょう?

関係ありませんが、下の妹は学部生時代にフィンランドに行ったような。
木の器のお土産をもらいました。



ポチっとお願いします。

blogramランキング参加中!

明日もがんばります。

『勝者の資格』

「一」にはじまり、「一」はすべて すべては不調時の過ごし方で決まる 練習とは、不可能を可能にすること 適当な仕事にスランプなし 進歩はなぜの積み重ね なぜチャレンジには限りがないか 仕事の三大要素ー計画、実行、確認 尊い知識ほど単純である 理をもって戦うという...