早朝の学校

20年後の未来のために、青山プレップスクールです。


早朝の学校っていいですよね。

しずかで、ひんやりしていて、「自分だけの時間」って感じ。

ぼくも何回(!)か、やったことがあります。
(朝寝坊だったので。。。)

どんな朝でも(晴れていても、曇っていても、雪が降っていても。。。)
朝は、神秘的で活力に満ちています。


多くの勉強法や勉強本、仕事本で、「朝型」生活を勧めているのも
その辺に理由があるのでしょう。

ただ、ぼく自身朝型であったのは、小学生くらいのときだけなので、
朝型生活について、偉そうには語れません。

が、大事なのは、「リセット」することなんだろうなと思います。

始終がやがやしている環境の中で、
特に心がざわざわしている中高生にとって、
気持ちをリセットするタイミングを作ることは、
とても有意義だと思います。

「あの時、ああしておけばなあ」

「あんなこと言うんじゃなかった」

朝のすっきりした頭なら、「終わったことは仕方ないか、今度からこうしよう!」と
切り替えられると思います。

別に朝じゃなくても、一日に一回、そういう時間を作ることを
授業の合間にお勧めしています。


ポチっとお願いします。

blogramランキング参加中!

このブログの人気の投稿

勉強している時が一番落ち着く

爆発的な成長を促すのは、教材でも教師でもなく、人間関係

(学びの五輪書)八双の構え