2010年5月15日土曜日

きらっきらですね

20年後の未来のために、青山プレップスクールです。


今日、先生の面談をしました。


この春、第一志望の東京大学に入った女の子(といっては失礼?)です。

ほんのつい最近まで高校生



夢と希望に満ち溢れていて、その素直さ、明るさ、笑顔、、、


きらっきらですね。




「合格しさえすればいい」 という考え方には、

中学や高校の場合は、ぼくは反対ですが、

大学の場合は(日本の現状では)、当てはまると思います。



4年間(以上)という時間を、身分を保障されて手に入れた。

右に行こうが、左に行こうが、自由です。



そう、自由。



ぼくは、まったく勉強しない大学時代を送りましたが、(ごめんなさい)

お金がなくても、立派な所属先がなくても、

自分が良いと思うことについて、それなりに自分に信頼はしているので、

(つまらない、せこいことはあまり考えないという意味で)

自分を自由にしておいてあげることは、ぼくは好きです。



そんな自由が生み出す、輝きの力というものに、

改めて感じることができました。



生徒さんたちにも、そういう輝きを感じて欲しいです。

輝きセンサーを搭載してください。



ポチっとお願いします。

blogramランキング参加中!

 

『勝者の資格』

「一」にはじまり、「一」はすべて すべては不調時の過ごし方で決まる 練習とは、不可能を可能にすること 適当な仕事にスランプなし 進歩はなぜの積み重ね なぜチャレンジには限りがないか 仕事の三大要素ー計画、実行、確認 尊い知識ほど単純である 理をもって戦うという...