2009年3月7日土曜日

旅立ちに言寄せて3

k君、半年間よくがんばったと思います。

結果は残念ながらチャレンジ校には届きませんでしたね。
だけど、この半年間で学んだことは、中学生になって、高校生になって、
大学生になって、大人になってからも、時々思い出してください。

k君は、たくさん物事を知っていて、また自分で工夫しながらもの作りをしたり、
そういうことが好きですよね。
それはとても大切なことで、小学生の間にその経験が出来たことはすばらしいと思います。
特に、自分で工夫してものを作ることは、何度も言いましたが、勉強よりももっと大切です。
なぜなら、わかったと思うけど、勉強はやればそこそこできるようになります。
もちろん、高いところを目指せば、失敗も経験できますが、
正確に頭を動かせれば所詮はできることです。

しかし、自分の手元の道具と材料を使って、自分のイメージに出来るだけ近いものを
作り出すことには、ゴールと言うものがありません。
どこまで行っても、「今度はもっとこうしたい!」という意欲が湧くし、
たくさんの失敗もするでしょう。
そう言う経験をしっかり積んでおくと、後々勉強に火がついた時に一気に加速できます。

勉強についても、実は同じことは言えて、
工夫して、失敗して、また工夫して、もっとうまく出来ないか考えて。
そのためには、目標をイメージすることが大切であることもお話ししましたね。

時間の使い方についても、かなり上手になって来たのではないかと思います。
結局、時間はあるとかないとか言うものではなく、作り出すものであると言うことが。
ダラダラしてても、結局イヤな気持ちの時間が増えるだけだもんね。
「面倒くさいなー」と思う前に始めてしまう、これが一番の方法です。

中学生になれば、勉強だけではく、部活動や学校行事もありますし、
自分の興味も広がるので、ますます時間が足りなくなってくると思います。

工夫すること、失敗すること、そして目の前のことから逃げないこと、
それは大人にも難しいことで、急に全部が出来なくても良いから、
小さなことでいいので、少しずつ自分を成長させて行ってください。


ポチっとお願いします。

blogramランキング参加中!

明日もがんばります。