2010年5月27日木曜日

弱くて悪いか!

20年後の未来のために、青山プレップスクールです。


さてさて、

サッカー日本代表報道などを見ると、ボロ負けだったようですね。

監督の進退が問われているのか、それは冗談だったのか。

わが愛する東京ヤクルトスワローズの高田監督も辞任してしまいました。

鳩山総理も退陣要求が出ているの?

以前の総理大臣も、途中で辞める方が続きましたね。



ものごとが思い通りに進まないこと、結果が表れないことは、
(嬉しいことではないけれど)、よくあることだと思います。


個人の資質によるだけでない、さまざまな要因があると思いますが、
リーダーはその責任を負う、ということは、
ある程度当然のことだと思います。


しかし、その責任の取り方が、

「辞める」、「辞めさせる」

ということばかりで、表現されるのは、どうでしょう


どうでしょう?とは、
それを自然に見ている子どもたちの心に、
どのような影響を及ぼすのでしょう?


□ うまく行かなきゃ、辞めればいいのか (義務教育だと辞められないけど)

□ リーダーなんて、なるもんじゃない

□ どうせリーダーやるんだったら、よっぽどメリットないと嫌だな


適材適所という言葉もありますので、
あわなければ、所を変えてみる、ということも必要だと思います。


でも、もうちょっとやり方ないものでしょうか。

頑張っている人を応援する、
プラス リーダーを育てる


そういう雰囲気は、作っていった方が良いんじゃないかなあと思います。



スワローズの話しで言えば、

やはりファンとしては、生え抜きのリーダーが育ってほしい。

そのために、弱いのは慣れっこです。

今年100敗しようが、「らしい」試合をしてくれれば満足。

欽ちゃん球団の方が強いんじゃない?と思えてきてもOKです。



実際自分がやっているわけではなく、すべての情報を持っているわけでもないので、

あーだこーだもあまり言わないのですが、

監督の、そして選手の、やりたい野球をやって欲しいと思います。



ぼくの好みを言えば、

勝てそうで負ける、負けそうでたまに勝つ、

個々の選手が、それなりに長所を持っていて、

小粒でも、きらりと光る、

新しいことにどんどん挑戦するチームであったらなと思います。



ポチっとお願いします。

blogramランキング参加中!


『勝者の資格』

「一」にはじまり、「一」はすべて すべては不調時の過ごし方で決まる 練習とは、不可能を可能にすること 適当な仕事にスランプなし 進歩はなぜの積み重ね なぜチャレンジには限りがないか 仕事の三大要素ー計画、実行、確認 尊い知識ほど単純である 理をもって戦うという...