ありがとうと言えること、靴を揃えられること

20年後の未来のために、青山プレップスクールです。

青山プレップスクールは、居住用スペースの教室利用のため、
靴を脱いであがることになります。

これ、結果的は、良かったなと思っています。

なぜかと言うと、

□ 自分の靴を揃えられる子
□ 他人の靴まで揃えられる子

が、わかるからです。

先生としてきてもらっている東大生たちは、
私は一言もそんなことは言ったことがありませんが、
不思議と、『全員』(!)、靴は揃えて脱ぎます。

 ↓続きあります

続きの前にポチっとお願いします。

blogramランキング参加中!



↓続きあります



男の子、女の子、関係なく、
今学校の勉強ができるか、できないかも関係ありません。

する子はするし、しない子はしない

できるかできないかじゃないんですね。
これ、勉強も同じです。


靴を揃える子は、「ありがとう」もきちんと言うことができるようです。
この2つの相関関係は、意外にあります。

そして、「ありがとう」を言う子は、
たとえば、メールで質問に答えてあげた時など、
すぐに返事が来ます。


繰り返しになりますが、学校の勉強ができるかどうかとは、
今のところあまり関係はないようです。


しかし、ぼくはむしろ、
学校の勉強が今、苦戦していたとしても、
基本的なことができているこの方が、
長い目で見れば世の中うまくいくのではないか、
そんなふうに感じます。

そして、東大生の先生たち(その中でも相当いい人揃いだと思いますが)が
みんなそうであることから考えても、
勉強とも何かしら関係があるのではないか、
(少なくとも大学受験くらいのレベルになれば)
とも思いますが、

何か証明されているわけではありません。。。

学校では教えてくれないことですが。


ポチっとお願いします。

blogramランキング参加中!


このブログの人気の投稿

勉強している時が一番落ち着く

爆発的な成長を促すのは、教材でも教師でもなく、人間関係

(学びの五輪書)八双の構え