2010年9月17日金曜日

耳に教える ⇒ 目に教える って通じますか?

20年後の未来のために、青山プレップスクールです。


小学校までの勉強と、中学からの勉強と、

一番の違いは何でしょう?



ぼくは、

小学校まで: 耳から学ぶ

中学校以降: 目から学ぶ



じゃないかと思っています。

もうちょっとカッコよく言えば、口語文語ということなのかもしれませんが、

耳から学ぶ時と、目から学ぶ時で、



使う脳が違う





のではないかと思うのです。



中学生、高校生で、今勉強でちょっと躓いている子でも、

口頭で丁寧に説明すれば、わかってもらえることは少なくありません。



しかし、ここでOKとしてはダメなんですね。





必ず、もう一度フレッシュな気持ちになって、

問題を読み返してもらって、

何に注目するか

そこからどう考えるか。。。


すると、つい今わかったつもりのことでも、

わからなくなっていることが少なくありません。

そういう時は、教える時も、口頭で教えるのではなく、

紙に書くなどして、目に教えるようにしています。



目から考えるルートを、作って、そこまでできて、OKとしています。




結局その場でわかっても、後で自分で再現できなければ意味がないですよね。




「わかった!」

と思ったら、もう一度問題に戻って、

始めから、順に丁寧に考えるようにしましょう。




ポチっとお願いします。

blogramランキング参加中!


 

『勝者の資格』

「一」にはじまり、「一」はすべて すべては不調時の過ごし方で決まる 練習とは、不可能を可能にすること 適当な仕事にスランプなし 進歩はなぜの積み重ね なぜチャレンジには限りがないか 仕事の三大要素ー計画、実行、確認 尊い知識ほど単純である 理をもって戦うという...