2010年9月7日火曜日

思考の『射程距離』を伸ばす

20年後の未来のために、青山プレップスクールです。



子どものうちに、ぜひ伸ばしておいてあげたいな、

と思うのは、



『思考の射程距離を伸ばす』



ということ。



大学生(東大生)と話していても、それは感じます。



すごく広く大きなことを自然と普段から考えている子と、

目の前のことがほぼすべての子と。



もちろん、両方のバランスが必要になってくるのですが、

若いうちは、より遠くまで、より広くものごとを考える習慣が

あるといいな、とぼくは思います。



現実的に考えなければならないのは、社会になれば必然的に周りが要求してきます。

その中で、後から鍛えることは十分出来ると思うのです。





それに対して、『思考射程を長く持つこと』つまり、

より遠く

より広く

より将来

を考えることって、後から育ちにくいんじゃないかと思うんですね。





今、この時期じゃないと出来ないこと





単に年齢だけで決まるものでもないと思いますが、

そういうものに、もっとフォーカスできると良いなあと。


ポチっとお願いします。

blogramランキング参加中!

 

『勝者の資格』

「一」にはじまり、「一」はすべて すべては不調時の過ごし方で決まる 練習とは、不可能を可能にすること 適当な仕事にスランプなし 進歩はなぜの積み重ね なぜチャレンジには限りがないか 仕事の三大要素ー計画、実行、確認 尊い知識ほど単純である 理をもって戦うという...