タケシの教育白書2

たくさんの先生方が出ていました。
先生は、教育委員会に振り回されて大変だというのが、テーマのようでした。

確かに現状は必ずしも教師にとって恵まれた環境ではないようです。
何度も何度も同じようなレポートを出す、形式的な教員指導に時間がとられる。。。

しかし、一般の会社に勤めれば、そんなことは当たり前ではないでしょうか。

その上で、真剣に考え結果を出した人が、はじめて評価されるのです。

まして教員という職を選んだ以上、子どもたちのことを真剣に考えない言い訳は、
どんなことがあっても許容できるものではないと思うのですが、いかがでしょうか。



ポチっとお願いします。

blogramランキング参加中!

明日もがんばります。

このブログの人気の投稿

勉強している時が一番落ち着く

爆発的な成長を促すのは、教材でも教師でもなく、人間関係

(学びの五輪書)八双の構え