(学びの五輪書)そんな数学の勉強の仕方じゃ、、、もったいない

20年後の未来のために、青山プレップスクールです。


昨日の記事 『数学の問題を解くプロセスと、仕事のプロセスの類似性』に書いた

問題を解くための標準的なプロセス。


1.問題文の状況を正確に把握する

2.1つの問題を、細かないくつかの部分に分割する (漏れなく、重複なく)

3.この分割を、処理できる単位になるまで繰り返す

4.個々の処理単位を、規則に従って処理する

5.その結果を統合する

6.妥当性を確認し、答えとする


=======================


この中で、ぼくが特に大切だと思うのは、
(特に、これからの人たちが鍛えておくべきだと思うのが)


1~3の工程(上流工程)です。




ところが、学校では、単元ごとにその習熟を確認するので、
例えばですが、割り算を習っている時には、割り算の問題しかテストに出ません。


子どもでもそんなことはわかっていますから、
どうせ割り算でしょ。
適当な数字を拾って、大きい方を、小さい方で割ってみる。
ほら、できた!


割合あたりで算数が苦手になってしまう小学生(これは後々尾を引きます)は、
たいてい、このように勉強してしまったのですね。


*足し算は、順番関係ないですし
*引き算は、大きい方から小さい方を引けばOK。
*掛け算も順番関係ない
*割り算も、最初のうちは、大きい方を小さい方で割ればよい
*小数倍という考えが出てくるあたりから、
*単位当たりの量という考えが出てくるあたりから、
*しっかり対応関係を見つける癖をつけていかなければなりません



=======================



大抵の塾でも、状況は変わらず、
いや、もっと極端かも。


とにかく、同じ問題を繰り返して、パターンを覚えこませるという手法が、
今流行りのようです。


たしかに、パターンにはまった時には、ものすごく速く解くことが出来ます。


でも、やっぱり問題を読まないんですね。


だから、引っ掛けには弱くなるし、
知らないパターンだと、解けなくなってしまう。


社会に出たら、ほとんど知らないことなのに、、、
「習ってないからできませんでした」
と、さも当然の顔をするのは、、、




=======================




いずれにせよ、学校でも塾でも、


方針が示された後の下流工程ばかりを、一生懸命練習することになる。


それで、数学が得意だとか、苦手だとか思わされることになる。




それが、上手にできたとしても、言葉は悪いですが、【優秀な作業者】であるにすぎません。


マニュアル通りに作業が出来ることはもちろん大切ですが、


これから彼らに必要になるのは、


【自ら方針を立てて、実行計画に落とす】


ということなのではないかと思うのです。





=======================



作業ができることは、もちろん大切です。それは、これからも。




しかし、大きな目的は別にあるわけですから、他の人の力を借りたっていいのです。


これまでの世の中は、優秀な作業者を求めていましたし、


企業に余力があれば、じっくり育成することもできました。


しかし、事務作業の多くは、コンピュータに代用され、


マニュアル化される仕事も、海外、パート・アルバイト、外国人労働者、、、


企業も海外との熾烈な競争の中で、余力を失っています。






これからの人たちに期待されているのは、


作業者としての優秀さではなく、


自ら問題意識を持ち、ビジョンを描き、実行プロセスに落とせる能力


それを、学校の勉強をしながら見につけるとしたら、


数学が一番適しています。




=======================




数学を通して、別に数学でなくても、


(*宣伝ですが、『2030年デザイン事務所』は、そういう機会を得られる場所)



【自ら方針を立てて、実行計画に落とす】


経験を、たくさんすることで、

自分の技量を磨いていくべきだと思うのです。



とはいえ、では具体的にどういう練習をすればよいのか、

問題があった時に、どのような構えで挑むべきかについては、

【5つの構え】がある、とぼくは定義しています。


この【5つの構え】を、よくよく習熟すれば、どんな状況(問題)にも対応できるのではないか

今のところそう思っています。



5つを少ないと見るか、多いと見るか。


大抵の人は、2、3の構えしか使っていないように見えます。

だから、ちょっと多くはあるのですが、

だけど、その5つでほとんどの場面(問題)に対応できるのではないかと思います。






次回は、その【5つの構え】について。






ポチっとお願いします。

blogramランキング参加中!

^^    

このブログの人気の投稿

勉強している時が一番落ち着く

爆発的な成長を促すのは、教材でも教師でもなく、人間関係

(学びの五輪書)八双の構え