2011年10月12日水曜日

やりたいことは、何なのか? どんな価値を提供するのか?

すべては、20年後の未来のために、青山プレップスクールです!

今日は、ビジネスのお話。

といっても、ぼくがビジネスについて何か言うなんて、
ちゃんちゃらおかしいとも思いますが。。。
(何せ、今一生懸命やっていることは、非ビジネスというか、反ビジネスというか)


ビジネスにとって、お金が大事であることは、
もちろんぼくでも存じ上げております。

しかし一方で、儲かることばかり考えている、
カジバ泥棒的なチャンスばかりを探している、
会社の価値基準が、それでいいのかな?とよく思います。


学生であれば、まだまともに働いた経験もないわけで、
しっかりとした価値基準がないのは仕方ないと思います。
(他人が決める基準に従うことしか、習ったことないのですから)
**ちなみに、ぼくの生徒さんには、間違ってもいいから自分の基準を持つように!と**

だから、借りてきたような格好の良いことはたくさん話しますが、
どれも真実味がない。
状況によって、変わっちゃうんでしょ。
そんな状況によって変わっちゃうものを、
アイデンティティだとか、個性だとか、やりたいことだとか、夢だとか、
表面上だけ無理にそれを持たされているのは、なんともかわいそう。。。


ぼく自身も、そこらに転がっている学生でしたから、
まあそんなもんですが、
何年も仕事をしていけば、自然と価値観は芽生えてくるものではないかと思います。


儲からないけど、自分としてはやるべきこと
世の中に、価値を提供すること
その価値を、みんなで分かち合うこと


別に仕事に限りませんが、それが生きている証ではないかなと。


今ぼくは、長年の夢だった『平家物語』を読んでいます。
心の中で音読しながら、そのリズム、日本語の面白さを感じ、
ひとりひそかに心を震わせています。

日中は、花に集まる蜂たちの行動を観察し、
また自然の木々の、葉の一枚一枚の面白さに、時を忘れることも。

それはそれで大満足なのですが、
この感動を人と共有できると、さらに感動は深まるだろうなと。
Facebook や Twitter が流行っているのも、そういうことかなと思います。


ですから、話は戻って、
ビジネスの相談を受ける時、

サービスや商品のメニューや内容、仕様よりも、
どういう価値を提供するのか、
どういう価値観を持っているのか、
本当は捨てていいものが、あるのではないか。
絶対捨ててはいけないものが、あるのではないか。


そんなことを、じっくりと話し合うと言うか、考えあう、
一緒に考える会、にいつもなってしまいます。


ポチっとお願いします。

blogramランキング参加中!

^^