2011年6月22日水曜日

(国語) 物語に興味を持ってもらうため、お話を作ってみました

読みにくいので、こちらから、ダウンロードもできます。

最後にタネ明かしと、クイズがついています!





『裏話』

古い地図を見ると、
確かにそこには「(まし)(がに)()」という村があった。サワガニが多く取れたそうだが、逆に言えば美しい川とサワガニ以外には、ほとんど何もない村だったという。今は満々と水を(たた)え、下流域に水利と安全をもたらす「床奈(とこな)ダム」が、そこにはある。

そのダムの建設にあたっては、地域全体が割れた。ダム建設推進派と反対派とが、中央の政治的、経済的思惑をも含みつつ、激しく対立した。肉親同士が対立することも少なくなかったという。とても収拾がつかないと思われた(いさか)いであったが、推進派代表の一人(うろ)()(もも)の尽力により、ダムは建設にこぎつけることができた。
(うろ)()(もも)は、これをきっかけに地元の人々からの尊敬を集め、その後県議会議員を経て、衆議院議員、国土交通省副大臣にまでのぼりつめた。一方では、彼女には黒い噂常につきまとった。そのはじめは、ダム建設に関する巨額の裏金(うらがね)であったという。
テレビに映る彼女は、良くも悪くもエネルギッシュで歯切れよく、目立つ存在だったので、そういうことも少なからずあったろうと思われる。しかしぼくの知る彼女は、むしろ寡黙(かもく)陰鬱(いんうつ)どこか投げやりな、どちらかと言えばぱっとしない中年女性だった。その時折見せるぱっとしなさえ、彼女の支援者にとっては魅力の一つであったというから、世の中わからない。

彼女の一人息子であるぼくは、悲しいかな大した能力もない凡人だが、大学を卒業し、特に苦労もなく大手建設会社に入社し、なぜか人並み以上の昇進をした。ぼくは、総務部総務課総務係長として、上司に言われるまま無機(むき)(しつ)な日々を送っていた。同僚(どうりょう)たちとの日々は、それなりに楽しくはあったが、生きがいなど感じたことはなそれ不満感じたこともまた、な
母である(うろ)()(もも)に関するさまざまな噂については、特に興味もなく、むしろ耳を(ふさ)ぐようにして過ごしてきた。母のことを忘れてい時の方が幸せではあったが、母の影響なしに今の自分があるかといわれると自信はない。

しかし、幸子との結婚を真剣に考えていた当時、
彼女が、「うちは清和(せいわ)源氏(げんじ)の流れをくむ、なんとかかんとかで・・・」という話しを持ちだした。それまでそんなことは意識したこともなかったので、結婚とはそういうことまで考えるものなのかと驚いた。どうせ古い話はわからないが、せめて自分の母親のいくつかの疑惑(ぎわく)について、一応調べてみようかな、その程度の気持ちだった。

あの日記、見てもいいかな。

続きはこちら!から、ダウンロードしてください。


最後にタネ明かしと、クイズがついています!


ポチっとお願いします。

blogramランキング参加中!

^^