2010年4月15日木曜日

社会の免許

20年後の未来のために、青山プレップスクールです。

新入社員教育の続編。


2番目の課題は、社会で生きて行く上での免許を取ること。


別に免許がなくても、自転車に乗れるように、

もし、自転車に免許があっても、その技能とはまったく関係がないであろうように、

資格を取ることは、一切の目的ではありません。


しかし、それでも最低限のルールは勉強しておいてもらうことを目的に、

うちで仕事をしていくために、以下の3つを条件にしています。

□ お金の勉強

□ 法律の勉強

□ ITの勉強

この3つです。(本当は、大学あたりでしっかりやっておいて欲しいのですが。。。)


もちろん、これを勉強したからって、仕事ができるようになるわけでもないですし、

しかくても、仕事ができる人はたくさんいます。

むしろ、ビジネスの現場は、野戦場に近いので、下手な知識は邪魔になるかもしれません。



それでも、東大を出て、うちで働くのであれば、

知識に逆に振り回されるなんていうレベルにいてはダメ。



以前、インドやベトナムを旅行した時に感じたことですが、

交通ルールなんて、あって無きが如し。

それでも以外に事故は起きないものです。

そこでは、勢いとアイコンタクトがすべてを決めています。

だからむしろ、教科書通りの運転をしようとする方が、危険なのではないかという気すらします。



しかし、未来永劫そんな形で進むはずはない。

やはりルールが整備されている環境の方が、効率的に物事が進み、

だからこそ、良い悪いではなく、世の中はそういう方向に向かっていくのです。


20年後の未来を見据えて、そのための準備をしておく、

そのための最低限の勉強として、

「お金」と「法律」と「IT」を指定しました。



好きなこと、得意なことは、どんどん伸ばせばいい、

一方で、最低限押さえておくべきことを押さえておく。



それだけの、能力と、責任があると思って、

あきらめてがんばってください!


ポチっとお願いします。

blogramランキング参加中!



『勝者の資格』

「一」にはじまり、「一」はすべて すべては不調時の過ごし方で決まる 練習とは、不可能を可能にすること 適当な仕事にスランプなし 進歩はなぜの積み重ね なぜチャレンジには限りがないか 仕事の三大要素ー計画、実行、確認 尊い知識ほど単純である 理をもって戦うという...