A Hero:『英雄の証明』

 

先月ふらっと。

「ソーシャルメディア時代の云々」と言われているが

それに限った話ではなく、何とも感慨深く、

心が痛くなる、印象深い映画でした。

===

大したことないだろうとあまり考えずに行動したこと、

周りに促されてそんなものかと選択したこと、

小さな嘘や悪が許せなくて言ったこと、

そんなちょっとしたことは、よくあったように思いますし、今でもよくあるように思います。

それが、たまたま巡り合わせが悪いと、どうしようもなく大きな問題に発展したりする。

諸行無常というか、バタフライ効果というか、人生の不確実性を感じざるを得ない。

===

邦題は『英雄の証明』。なんともおもしろくなさそうなタイトルですが、

英語では『A Hero』。こちらの方がしっくりくるように思いますが、では邦題を考えろと言われると難しいですね。

元々のペルシャ語は読むことも、意味も分からないのが残念です。

===

今起こっている、誤送金問題は、いろいろと違うのですが、

ニュースを見ていてこの映画のことを想起してしまうのは、

やはり「ソーシャルメディア時代の・・・」という説明は、的を射ていたのか。


このブログの人気の投稿

(学びの五輪書)八双の構え

勉強している時が一番落ち着く

合格発表を聞いて