(読了) 「学び」の構造

20年後の未来のために、青山プレップスクールです。






 ぼくが、いつも生徒さんに伝えていること。


「こんなもの、覚えちゃだめだよ。覚えようとしてはダメ」

「なんだ、そりゃそうだ! と思えるまで、1つずつ順を追って考えないと」



だれがそのように植え付けるのかはわかりませんが、

勉強=覚えること と思っている生徒さんは少なくないです。


ぼくに言わせれば、「覚えるから忘れるんだ!」


なんだ! 小難しい風に書いてあるけど、結局こういうことジャン!


今まで自分の中にあったことと、

目の前の教科書の内容や問題と、結び付けることが出来た時、

『わかった!』



ここで難しくなってくるのが、

□ 人それぞれ、それまでに知っていること、当たり前と思っていることが違う

□ 「わかる」まで、少し丁寧に落ち着いて考える必要がある



ただ、1つずつ確実に、「わかった!」を積み重ねるしかないと思うのです。



学年関係なく、科目関係なく、

できるだけ、その子の『今』わかること、わからないことを探り当て、

手を変え品を変え、根気強く付き合うこと。



それが、王道だと、

僕は思っています。

このブログの人気の投稿

勉強している時が一番落ち着く

爆発的な成長を促すのは、教材でも教師でもなく、人間関係

(学びの五輪書)八双の構え