2011年11月17日木曜日

貧しい心の作り方


心をこめて何かを成し遂げたこと

それが、だんだんと実現化していきそうな予感

ひとつの完成が、次の意欲につながること



そういう経験が足りないと、

他人の粗さがしばかりして、

自分だけは偉いような気がして、

でも、いいものか、そうでないものか、判断がつかないから、

値段とか、誰かがいい(悪い)と言っていたとか、

そんな価値判断しかできない。



ものでも、サービスでも、

その作り手の気持ちがわからない。

機械が自動的に作るんでしょ。

でも、その裏には、作り手の気持ちや思想があるはずです。

その気持ち。



心をこめて、何かをするということは、

なかなか学校の勉強では経験できず、

(制限時間内にやるテストで、いちいち心はこめられない)

同じような感覚で、仕事もしてしまうのでしょう。

そして、周りもみんなそうだから、そんなもんだと。



そのモデルがいつまで持つのか?

いつか、虚しく感じないのか?





『勝者の資格』

「一」にはじまり、「一」はすべて すべては不調時の過ごし方で決まる 練習とは、不可能を可能にすること 適当な仕事にスランプなし 進歩はなぜの積み重ね なぜチャレンジには限りがないか 仕事の三大要素ー計画、実行、確認 尊い知識ほど単純である 理をもって戦うという...