2018年4月19日木曜日

生きてれば大変なこともあるかもしれないけれど、なんとか力強く生きていって欲しい。そのための、盾と剣と仲間と仰ぎ見る星と。

20年後の未来のための、他にないけど当たり前の学びの方法と見方を提供する 新・碧山Fプレップスクールです。

11年が経とうとしています。
何の経験も算段も後ろ盾もないところからのスタートでした。諸先輩方に相談しても、「何それ?」、「人来るの?」、「お金の匂いがしない」など。金融機関や経営コンサルタントからも「あり得ないでしょ」と。

まあ、自分の生活のことや、お金のことなど考えずに、残り人生でぼくが未来の社会のために何ができるか、と考えて始めたことなので、前述のご指摘はごもっともです。

『生きてれば大変なこともあるかもしれないけれど、何とか力強く生きていって欲しい』

そういう人たちが、新しい世の中を作っていってくれたらと、今でもほとんどそれだけを思っています。

一般に「教育」というと、聞こえが良いのか、簡単そうに思えるのか、やってみようとしたり、実際に始めたりした人は知人の中にもいますが、結局始められなかったり、始めたけれどすぐにやめてしまったり。そんな中で、ぼくは大変ラッキーだったのだなと思います。

『生きてれば大変なこともあるかもしれないけれど、何とか力強く生きていって欲しい』

そのために今、何が必要なのか。(もしくは、何は実は不要なのか)
これだけ多様な社会の中で、画一的に指し示すことなどできないと、少なくともぼくにはできないと思っています。だから、一人一人に、そっと手渡すように。そしてそのためにぼく自身が毎日悩みながら準備をし、授業をし、その結果を振り返り、まとめをしています。


ところで、ではいったいぼくは子どもたちに何を手渡しているんだろう。
現時点のぼくが意識しているのは、【盾】【剣】【仲間】【仰ぎ見る星】です。

□ 盾
   「攻撃は最大の防御」なんて言ったりもしますが、
   ぼくは、しっかり守ることは基本であると考えています。
   今の時代、これからの子どもたちにとって、何が盾となるのでしょうか。
   ・ 正しく読んで聞いて、
   ・ 論理的に考え、自分の意見を述べる
   ・ 未だに「学歴」というものも通用する場面もある
   (これはでも、まあ簡単な部類)

□ 剣
   でも、盾だけではダメなんですね。足りないんですね。
   強みを活かす、長所を伸ばす、誰もやったことがないことにチャレンジする。
   それは「学校の勉強」の範囲内でも良いし、そうでなくてもいいのですが、
   一人一人の長所と可能性を見いだして伸ばしていくことは、
   本当に難しいことだと日々痛感しています。

□ 仲間
   それでも、まだ弱いんです。
   人は一人では生きていけない。仲間がいた方が良い。
   ただし、今までの仲間の作り方は「同類」を集めることであったと思うのです。
   ぼくが心がけているのは、「異類」の組み合わせを考えること。
   そして子どもたち自身に考えてもらえるようになること。
   「友達」じゃなくて良いんです。(それは個々人が勝手にやれば良い)
   友達じゃないんだけど、仲間なんだよ。
   年齢、性別、住んでいる場所、文化、価値観・・・が異なる人たちと集まる機会については、まだまだできていないところがあるので、これからの重点課題です。

□ 仰ぎ見る星
   そして、それでもまだ十分ではないと考えています。
   これだけだと、思い上がった人間を増やすだけになってしまいかねません。
   自分の限界の、さらに先に、もっともっと世界が広がっていること。
   宇宙の神秘、大自然の偉大さ、思考の限界までたどり着こうとした過去の偉人たち、、、
   それらを通じて、広い視野と高い志を持った、
   ぼくから見ると、異次元に優秀な人たちとなって未来を切り開いていって欲しい。
   これはぼくの願いです。


この春も、数名の子どもたちが巣立っていきました。

期待していますよ!



2018年3月24日土曜日

だけど、美しさは・・・

20年後の未来のために、
学校の勉強だって役に立つよ。
新・碧山Fプレップスクールです。

時々、少しずつ、一緒に図鑑を観る時間を作っています。

遊んでいるのか。
まあ、そうなのですが。



理屈は、教えられる、
たのしさは、熱量で伝えられる、
だけど、美しさは、教えられない。

感じるもの、知っているもの、思い出すものなのではないでしょうか。


本物には及ばずながら、
美しい風景、美しい生き物、美しい宇宙などをたくさん観て、
それもよく観て、よくよく観て、
「なんでこうなった?」
「こんなデザイン、人間では思いつかないよね」



 図鑑を一緒に観るとき、ぼくが注意しているのは、
▲ パラパラと眺めるのはもったいない。
よくよく観てみよう。

▲ 名前を覚えたり、説明を読んで満足。
たしかに名前の重要さは、いつも言っていることなのですが、そんなもので「わかった」と思わないでね。


そして将来、思い出してね。

自然の美しさ、地球の美しさ、宇宙の美しさを。
その感性が、威力を発揮するときがいつかきっと。




**
とはいえ、教室が本などであふれかえっていて、
整頓されているとは言えない状態なのは、、、
まあ、反面教師として。
**


2018年2月21日水曜日

相対性理論から始めよう

20年後の未来のための学び方改革。新・碧山Fプレップスクールです。


これから先、何十年の未来を生きていく子どもたちが今、身につけるべき教養はなんでしょうか。

人工知能やロボットといったテクノロジーと共存していく未来において、その基礎となっている科学や数学を教養として学ぶ。それが、超・碧山Fプレップスクールの新・教養講座。


一部のおじさま方には、非常に評判悪いです(笑)。
1.難しそう
2.やりたくない
3.やる必要がない、やる意味がない
わかりやすいもの(占いとかえせ科学とか、自分が慣れ親しんだ「常識」とか)に引きこもりたいのです。
まあ、それは仕方がない。どうぞ。


一方では、大学生でも、ぼくよりも年上の方でも、「子どもだけにやらせておくのはもったいない」と前のめりの方もいらっしゃいます。
オープンマインドで、現場主義、独創的なアイディアにこだわっている方にその傾向が強いと思います。
今の子どもたちも、そんなおとなに成長していってほしいものです。


近代の行き詰まりを感じた先人たちの切り開いた世界。特に、数学や物理学は、世界の最高の頭脳が、国を超え、文化の壁を越えて、「真実」なるものに迫ろうと、時に協力し、時に罵り合い、一歩一歩積み重ねてきたもの。数々の難題、行き詰まりを、独創的なアイディアで切り開いてきました。

後代から見れば、「なんだそんなこと当たり前じゃないか」と。俺でもわかると。いやー、そこに感動できない人が、独創的なことができるとは思えない(笑)。


「ラプラスの悪魔」に代表される決定論的な虚無感、
個人よりも法人やシステム、金銭が優先され、「上」が決めた通りにしか動けない、「上」が決めれば何でもやる無責任感、
消費行動で経済に貢献し、ネットでの承認、批判の大合唱で同調を強める全体主義的社会から
一歩自立して、
□ 人類が達成してきたことの偉大さに心から感動し
□ 自然の不思議さに畏怖の念を抱き、
□ 知ることのできる限界に迫り、
□ パラダイムを変えることで広がる爽快感を味わう


少々が内引用になりますが、湯川秀樹の言葉です。
ふりかえってみると、1934年の秋に核力の理論の帰結としての中間子の存在に思い至った当時の私の心は不思議なほど自信に満ちていた。今日では物理学の理論というものは仮説の上に成り立つというポアンカレ流の考え方が常識となっている。私もその通りであると思う。しかし、だからといって、自明の真理から出発せよというデカルトの主張が無意味になったとは思わない。持続的に、そしてやや異常なまでに、一つの問題に思考力を集中させている課程の中で思いあたったことの一つが、自明であるように見えだす。だから、そこに自信が湧いてくる。それをさらに推進させようとする意欲も出てくる。それは客観的には、それからの結論と経験的事実との対比によって、はじめて正否が判定されるべき仮説である。しかし、当人にとっては、少なくとも初期のある期間は、それは「それ以外の可能性が考えられないところの真実」である。そういう両面性の一方だけしか認めない人とは創造性、特に理論物理学における発見とは何かについて、所詮ともに語ることはできない。


2018年1月11日木曜日

零年は準備の年(新・超・挑・親・深・汎・G+裏)

20年後の未来のための学び方改革。新・碧山Fプレップスクールです。

今年は、なんとか零年ですね。

去年、丸10年を経た青山プレップスクール(旧称)も来年は干支が一回りすることになります。あと10年続けられたら(つまり命が持てば)幸せだなと思います。

零からのスタートで、ただひたすら脇目も振らず、
目の前の生徒さんの10年後、20年後のために全力でやってきました。気がつけば卒業生も増えて、また大きくなって、時々食事をしたり、お酒を飲んだりします。<ひいき目かもしれませんが>みんな本当に優秀だなと思います。みんなのことを誇りに思いつつ、さらなる成長を期待しつつ、ぼくも一緒に成長していけたらと思います。

そして迎えたなんとか零年。

これまでの40,000時間で得られたものを次代に引き継げるよう形にしていこうと思tっています。

□ 10年後の未来のための生きている個別指導:
   【わたしの、新・碧山Fプレップスクール】
   一人一人は違った人間です。育った環境、子どもの頃に好きだったこと、
   現在の課題、理解しやすい糸口・・・まだまだAIには追いつかれないと思います。

□ 稼ぐ男、できる女になるための:
   【ぼくの裏メニュー】

□ 進化した新しい人類のための新しい常識:
   【進化した人類の、超・碧山Fプレップスクール】
   複雑で変化が激しい、不確定、不安定な時代を力強く生き抜くために、
   アインシュタイン以降の、物理学・数学・生物学・歴史・哲学・芸術を
   学びます。学校では大学でそれぞれ専門に進まない限りは学べません。
   しかしこれからの未来を想像し、選択し、創造するために、
   テクノロジーを抜きにできるでしょうか。テクノロジーの本質を理解せずに、
   未来への希望を持とうとしたら、相当範囲が限定されないでしょうか。
   テクノロジーそのものは、次々と新しく入れ替わります。
   だからこそ、その本質(科学・思想)を押えておくことが大切であると考えます。
   普遍性と時代性。新しい時代には、新しい教養が必要です。

□ 「わかる」をわかる
   【マニアのための、深・碧山Fプレップスクール】
   人間のあらゆる活動(経済活動、社会活動などなど)は、
   最終的には、「人間」を理解することです。
   AIとぼくたちと、どちらが上手にできるでしょう(笑)。

□ 学びのネットワーク
   【みんなの、汎・碧山Fプレップスクール】
   人間が完全に仲間だと認識できる組織のサイズは、大きくありません。
   お互いに仲間だと認識し合って学び合える小さなネットワークを世界中に。


□ 【いい大人の、挑・碧山Fプレップスクール】
□ 【我が子のための、親・碧山Fプレップスクール】
□ 【海外留学のための、G・碧山Fプレップスクール】


零年には、これらを準備して新しい時代に備えたいと思っております。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


新・碧山Fプレップスクール
井上 泰輔

生きてれば大変なこともあるかもしれないけれど、なんとか力強く生きていって欲しい。そのための、盾と剣と仲間と仰ぎ見る星と。

20年後の未来のための、他にないけど当たり前の学びの方法と見方を提供する 新・碧山Fプレップスクールです。 11年が経とうとしています。 何の経験も算段も後ろ盾もないところからのスタートでした。諸先輩方に相談しても、「何それ?」、「人来るの?」、「お金の匂いがしない」な...