高校生には読ませない。贅沢な読書

https://amzn.to/3hL2RMw
 『失われたいくつかの物の目録』

翻訳の細井直子さんがラジオ番組で話しているのを聞き、即買い、即読み。

素敵な装丁、15ページずつきっちりと区切られた話と仕切りの黒紙(でも黒じゃない)、現実とは離れた遠い時間の中に漂うような文章。贅沢だ。

「これはね、きみたちにはまだ早い。R-18とかそういう意味じゃなくて、贅沢すぎるから」

とぼくだけの愉しみとして読んでいるのですが。


逆に興味を惹いてしまうらしく、勝手に読まれてしまいます。
いつも一生懸命勧めても読んでくれないのに・・・(泣)

まあ、そんな読書体験もいいかな。


このブログの人気の投稿

勉強している時が一番落ち着く

爆発的な成長を促すのは、教材でも教師でもなく、人間関係

(学びの五輪書)八双の構え