ここでは学び方を学ぶ、ここ以外はすべて実践の場

20年後の未来のために、青山プレップスクールです。

GMAT MATH 対策は、限られた時間内に目標を達成するために、
いわゆる「大人の勉強」を徹底しています。

一方、小中高校生に対する授業では、もちろんお一人お一人違いはありますが、
基本的には、『学び方を学んで欲しい』と授業しています。
◎ どのように、教科書を読むか、授業を聞くか、質問をするか
◎ どのように、整理し、関連付け、確かな力と変えていくか
◎ どのように、「結果」を出すか

その考え方、プロセス、トライ&エラー、結果の評価の仕方。。。
そのすべてが、生徒さんたちにとって、
『本当の勉強』
であると、ぼくは考えるからです。

そして、『学び方』の中でも特に重要なのが、
『読み方』です。

見ることや、聞くことは、ある程度日常の中でもトレーニングできますが、
読むことは、意外と少なくなって来ています。

物事を考えるためには、そのための材料が揃っていなければなりません。

きちんと読めていない、またはきちんとした知識がない上に、
いくら「考えろ」といっても、無理な話。

いくら情報が増え、マルチメディア化していくとしても、
「読むこと」の比重は、軽くはならないのではないか、
少なくとも、「読める人」の価値は、高騰することはあっても、
下落することはないと考えられます。


読めるようになったら、当然その続きはあるのですが、
まずは、まずは、読めること、
そのために、読むこと


初めに言葉有りき


ポチっとお願いします。

blogramランキング参加中!

^^ 

このブログの人気の投稿

勉強している時が一番落ち着く

爆発的な成長を促すのは、教材でも教師でもなく、人間関係

(学びの五輪書)八双の構え