投稿

5月, 2013の投稿を表示しています

(家庭学習習慣より、思考習慣) 暗記の練習

20年後の未来へ向けて、青山プレップスクールです。


毎日机に座って30分、算数や国語の勉強をすることが、無駄とは言いませんが、
子どもたちの学力の決定要因にはならない、というのがぼくの考え。
では、何が決定要因になるかというと、
普段、何気ない日常の中で、何をどう考えているか、といった思考習慣。



今回は、記憶のお話です。


たしかに、上手に覚えられる子と、

すーぐ忘れちゃう子がいるのは、現実。

でも、それって「頭の良さ」や「遺伝的なもの」と関係があるの?

=========


遺伝的なもの、脳の障害などの影響が、まったくないとは言いません。


でも、ほとんどの、ほとんどの子にとっては、


☆ 関心領域が、ちょっと異なっている

☆ 「覚える」、「思い出す」ということの練習不足

☆ もうちょっと機械的なこと

だと、思います。

★ 「意欲の問題」とは、敢えていいません。

   「モチベーション」って何だ? 「関心領域」の話で説明できると思います。


=========


☆ 関心領域について
   ◆ 人は、既に知っていることの周辺事項しか、関心がない。
   以前、出典は忘れてしまいましたが、

   ”人は、同じニュースばかりを見ている” という調査結果がありました。

   インターネットは、閲覧者の履歴を取ることができますので、

   あるニュースを見た人が、次に何のニュースを見ているか、、、、調べることができます。


   その結果わかったことは、”人は、同じニュースを繰り返し見ている”。

   気になる話題があったら、ほとんど内容が異ならないことを知りながら、

   何度でも、関連ニュースを見ているとのことです。


   ニュースを見る (本来の?) 目的からすれば、幅広く、最新情報を集めることのはずですが、

   実際、ぼくにも、心当たりがあります。

          ぼくは野球に興味がありますから、

          たとえばダルビッシュ投手のニュースがあれば、

          それを、スポーツ新聞のサイトで見、別のスポーツ新聞のサイトで見、

          TVのスポーツニュースを見、チャンネルを変えて見、

          特集記事や番組、雑誌が出れば見、、、、

   それらを通じて、ちょっとずつ、ほんの数%でも新しい発見があれば良い方で、

   「全部知ってました!」っ…

家庭学習習慣じゃなくて、思考習慣 (さがしものは何ですか?)

探し物は何ですか 見つけ難い物ですか 
カバンの中も 机の中も 探したけれど 見つからないのに
『夢の中へ』 井上陽水)


夢の話ではありません。現実のお話し。


子どもは、さがしものが苦手です。

★ 適当に、ちょいちょいと探して ⇒ みつからない

★ 同じところを何度も探して ⇒ みつからない

★ 昔のおもちゃなどをみつけて ⇒ 遊び始める

★ 時間が掛かりすぎて ⇒ 何を探していたのか忘れちゃった

・・・


こっち(おとな)は、だんだんイライラして来て、

ちゃんと探しなさい!

ほら!ここにあるじゃない!!

(怒・怒・怒・・・) (笑)


==============


しかし、この「ちゃんと探す」、「きちんと探す」

ということを、子どもたちは本当にわかっているでしょうか。


● 「探し方」という方法に注意が払われているか

● 「部分」にわけて世界を認識できているか

● 「順番に」ということが当たり前になっているか

● 「もうそこには絶対にない!」と、確信できるまで、調べ尽くせているか

● 「部分」が思ったより大きかったら、さらに「細かい部分」に分割できるか

● 「前回使った時」などの、記憶を頼りに、「ありえそうな場所」を考えられるか

● 「ありえそうな場所」の優先順位をつけて探せているか

● 「ありえそうもない場所」まで探し始めた方がいいのは、どうなった時か

● 途中で「目的」を見失わない
● 普段から、ものの配置には気を配っておく

このように、「さがしもの」とは実は、
かなり高度な知的活動だと、ぼくは思います。

==============

この「さがしもの」が、ある程度自分でできる子にとって、
算数の文章題は、さして難しいものではありません。
「さがしもの」をしているのと同じことが多いですから。

一方、「ものをさがす」ということが、どういうことなのか、
ぴらっとその辺をめくってみること
だと思っている子は、文章題がだんだん苦手になってきます。

==============

小学校6年生くらいになると、
うちはみんな個別でやっていますので、おもしろいこと(?)が起こっています。

☆ 一部、高校の範囲すら越えて、大学で学ぶようなことまで、勉強している子
★ 小学校1年生の、数える、数直線、足し算、引き算あたりから、やり直している子

そういう子たちが、同じ学校の同じ教室で、机…

懐疑と予感の由良の門を。

由良の門を 渡る舟人 かぢをたえ  ゆくへも知らぬ 恋の道かな


恋の話ではありません。

「自ら考えて行動できる人間になろう」、「考える力をつけよう」、「思考力が大事です」・・・

耳触りのいいこの言葉は、今や巷にあふれています。

どの学校、どの塾の理念をのぞいても、そんなことが書いてあるでしょう。

どの会社の人材募集をみても、そんなことが書いてあるでしょう。


かくいうぼくも、いつも子どもたちに、

「覚えて出来てもダメなんだよ」、「知らなくたって考えればできる」、

「知識そのものは、その場その場の使い捨てだけど、

 考え方はいつでもどこでも、使い回しが効く」、

「考えることが、人間を人間らしくして、他の生物や機械とは異なる存在にしている。

 考えることが、君を君らしくする」

ということを、静かに語りかけています。


===懐疑編===

子どもたちには、そうは言っていますが、

一方では、「本当にそうなの?」という確認作業もせずにはいられません。

「じゃあ、おとなは本当に考えてるの?」、「ぼくは本当に考えてるの?」


日常のさまざまな場面で、

人は、単に「ルールに従っているだけ」なのではないでしょうか。

決められた時間に会社に行き、決められた範囲内の仕事をして、

いつものルートで家に帰って、家に帰ったらほぼ決まった行動をして。

給料が入ったら、ちょっといいものを食べて、

有給が貯まったら、海外旅行に行って、

車を買い、家を買い、結婚して、子どもを育てて、、、、

大きな差異は気にしないが、細かな差異が非常に気になる。

何か嫌なことがあれば愚痴を言い、

言えば、それなりにすっきりして、

新聞やテレビ、インターネットで知った情報について話し、

誰かから聞いたことを話し、

いいことがあれば、Facebookに投稿する。

株価が上がれば喜んで、

「ただちに健康に害はない」は、「最悪の毒」か、「もう済んだこと」

賢そうに見せたければ、ちょっと批判的なものの言い方をする。


幸福な家庭はどれも似たものだが、不幸な家庭はそれぞれに不幸である


もっと詳しく一場面、一場面を観察してみても、

ほとんどの人は、ぼくも含めて、

その場その場で、既に知っていることを、なんらか【繰り出している】にすぎない。

独創的というアイディアも、

何らかの組み合わせだったり、アレンジだったり、流用に過ぎない。

そもそも、思考をつかさどる言語を、

ぼくたちは「考え」たのではな…

「あなたの宝ものは何ですか?」_(授業風景_中学生_自由英作文)_自分で考える型

イメージ
20年後の未来へ向けて、青山プレップスクールです。


「あなたの宝ものは何ですか?」



ある中学校の課題(自由英作文)です。




==============



中: 宝ものなんてないんですけど。。。


     ぼ: あれ、それは困ったね。


中: 普通なくないですか? 中学生で。



     ぼ: うーん、何が普通かってのは、なかなか難しい問題だよ。

        自分が、自分の周りが、普通とは限らないからね。

        まあ、それは今度また考えることにして、
        本当にないなら、「ありません」 って答えでもいいと思うよ。

        『ぼくには宝ものはありません』 それで書けるでしょ!

        それで行くか。具体的に、話の流れを考えてみよう。



*問題意識を共有して、今の思いつきレベルのものでも、具体的にする。
*具体的に考えれば、道は見えてくる。
**<ただ、残念ながら今回はそのようには進みませんでしたが>


中: いや、何か書かないといけないと思う。

     ぼ: そうか~。 マジメだね。いいよ。

        じゃあ、何か探してみよう。

        ところで、「宝もの」って何?



*いつもいつも、「問い」が大切だよ。
*困ったら、「問い」に戻って問いの意味を問う。



中: え! 宝って、宝じゃないですか。

     ぼ: うん、だからその「宝」ってのが何なのかわかってなくて、答えられる?


中: え~! だって、宝は宝だし・・・。

     ぼ: じゃあ、具体的に考えてみよう。

        一般的に、みんなが宝ものとしてイメージするものは、どんなもの?



*わからなかったら、少し具体的に考えてみよう。常套手段。
*具体例は、普通の一般的な、みんなが考えそうなものでいいよ。


中: 宝石とか、金貨とか、、、思い出とか、友達とか。。。

     ぼ: そうだね!

        ところで、今挙げたものたちに共通するもの/性質って何だろう?


*具体例を挙げて終わりにしないよ。必ず、抽象化する。 *具体と抽象を、行ったり来たりするよ。


中: えー、高いもの、価値のあるもの。。。キラキラしてるもの

     ぼ: そうだね! 特に、「キラキラしてるもの」ってのが、おもしろいね!


*たまたま出てきた、良い言葉には、『マーク』してあげよう。

        じゃあ、辞書で…

青山プレップスクール(ゆかしネットワークスLLC)の全貌

20年後の未来へ向けて、青山プレップスクールです。



5月18日は、ゆかしの日。

なんのことやらですが、6年前のこの日、

ゆかしネットワークスLLCがこの世に誕生しました。


節目の6年を迎えたこのタイミングで、

一度、整理しておきましょう (自分のために)




  【壮大なミッション】  

「知」にまつわる、人、もの、お金、情報の流れを再編する


   情報化社会、知識集約社会における「知」のあり方を再定義し、

   現代および近未来における最適配置を形づくる


   ★ 主題の変化: 何を知るべきで、何を知るべきではないか

   ★ 方法の変化: どのように知るべきか



  【柔らかな世界観】  

技術主導ではなく、

   『ひとに自然な』

   『ひとに根ざした』

   『ひとを進化させる』

知の再定義を行う。



★ 主題よりも、背景

★ 目に見えるものよりも、目に見えないもの

★ ビジネスより、ハピネス



  【合言葉】  

ゆかいに
かろやかに
しなやかに

ゆかしい気持ちを、You can see! に繋げる会社。





  【理論研究テーマ】  

・ 「わかる」メカニズムをモデル化
・ 「できる」メカニズムをモデル化
・ 「かしこさ」の源泉を探る
・ 「粒子の半径とスケール差、その階層構造が生み出す、予測もつかない世界」
・ 「(生物の)生涯移動範囲、移動距離」について
など


  【開発可能な!ツール】  

・ 「集中状態」を喚起するプログラム
・ 「(半強制的に)暗記」させるプログラム
・ 「世界観(背景)を刷り込む」学習用ノート
・ 「スマートドア」(スマど) (≒どこでもドア)
・ 「思考幹力」を鍛えるバランスドリルなど
などなど



  【サービスとして提供】  

・ 個別指導学習塾
・ お父さんお母さんのためのプレップスクール
・ おとなだけどプレップスクール
    ↑ 「理解の文法」、「創造の化学」、「成長の力学」、「習熟の技術」 個別学習塾
・ 2030年世代が、2030年をデザインする、『2030年デザイン事務所』
・ 古典から学ぶ、古典読書会(自由解釈の場 『至宝を喰らう読書会』)
・ 海外にいる日本の子どもたちと、日本について、世界について、考える 『遠きにありて』

など


  【提供先】  

・ 修学中の学生、生徒さん
・ 修学中の学生、生徒の保護者さま
・ 学校、教育機…

勉強の醍醐味_(マンツーマン小規模だからできること=つまり、おうちでもできること)

イメージ
20年後の未来へ向けて、青山プレップスクールです。


勉強の醍醐味は、

浜辺で夢中になって貝殻集めをした、

そんな記憶を呼び覚ませてくれること。




自然の美しさ、人類の叡智、

広くて深い大きな海を感じながら、

足元の小さな貝殻を集める。




小さな貝殻が、大きな海の記憶と繋がって、遠い世界と繋がっている。



==================


結果として、成績が上がりました、試験に合格しました、

もちろん、うれしいことではありますが、
貝殻集めコンテストで優勝することは、単なる数字上の結果。


* 大人が横から手伝って、
* 大きなショベルカーでガサーっと取れば、優勝できるでしょう。
* 優勝した嬉しさは、もちろんあるでしょう。

* だけど、
* 自然や人類に対する敬虔な気持ちは、芽生えないでしょうね。



==================


★ ぼくが一人一人をよく認識レベル以上には、拡大しない
★ 教科専任ではなく、その子専任の先生

親や兄弟が、ちょっと勉強の手伝いをしてあげている、 親戚のお兄さんお姉さんが、たまたま東大に入ったけど、 その人に教えてもらっている。 という状況と、さほど変わりはありません。
     + そこに、ぼくがちょっといて、      + 方向を修正したり、緩急をつけたり、別の角度から光を当てたり、、、      + 日々の発明発見の成果を発表したり(!?)      + まあでも基本、根気よく、起伏なく、ずっと見ています。

==================

◎ その子専任だから、できること
   当たり前ですが、こちらはその子について、詳しくなります。
   その子の好み、性格、考え方の癖、、、
   特に、その子が何についてよく知っていて、どういう経験があるのか、
   は、重要な情報です。

   なぜなら、
人が新しい知識や考え方を学習する際に、
   新しく覚えるのではなく、既知の事柄と結び付けながら、理解していくからです。

   電車が好きなら、電車に関する知識は豊富にあるでしょう。
   新しい算数の概念、理科の実験、漢字、英単語、、、
   何でも、その好きなもの、得意なものとの関係をつけてあげます。
   得意なものと関連付けられると、腹から理解出来るだけでなく、
得意だ!という気持ちも一緒に、結び付けることができます。


   …

小さきものに (マイクロソフト社とは関係のない、細かくて、柔らかくて、、、広大な世界)

イメージ
20年後の未来へ向けて、青山プレップスクールです。



次の世代に、よい未来を引き渡したい。


それが、ぼくが今の仕事を始めた理由。


それはもちろん、

子どもたちのためになるかもしれませんが、

言ってしまえば、単に結果に過ぎず、

究極的に言ってしまえば、

ぼくが勝手に、

自分の興味のあることをしているだけ。

ということも、できます。


それがたまたま、「人が賢くなってもらわないと困る!」という仕事であっただけです。


たくさんの生徒さん、保護者さま、先生(大学生)方、ご近所の方々、友人・知人、、、に

ご支援、ご協力、ご指導、数々のヒントを頂戴して、

おかげさまで、6年が経とうとしています。


==========


それまでは、大きな世界の人でした。


   ◆ 誰もが使いやすい仕組みの設計

   ◆ 誰がやっても、ミスが生じない仕組みの構築

   ◆ メンバーが働きやすいチーム運営

   ◆ 知的活動を、どうやって工業化するか?


そういうお仕事でした。

人並み以上に一生懸命、楽しく仕事をしてきたと思います。


今でも大切な仕事だと思いますし、

それを支えている以前の先輩方、同僚、後輩たちには、

本当に頭が下がります。




==========


しかし、最初から、そしてやればやるほど、
自分の中の違和感が、
解消されるどころか、むしろ大きくなっていったのです。
それは、端的に言ってしまえば、
   『 いい仕組みを作れば、
    いいサービスを提供すれば、
    いい社会を実現すれば、
    ひとは、いい人間になるの? より高度な人間になるの?
    今よりも良い未来を、次の世代に引き渡せるの?』
ということ。

たしかに、
便利になるでしょう。苦痛は減るでしょう。
不平等は減るかもしれませんし、
もっと贅沢ができるようになるかもしれません。
どこに行っても、高層ビルと大きな道路、
均質なサービスを、統一料金で、
便利で安全で、清潔で快適で・・・・

そういうのって、あんまり好きになれないな、と。

==========

ぼくの好みは、(単なる好みです)
環境最悪でも、仕組みが全くなってなくっても、
不便でも、困難でも、
それを楽しむ気持ちと、かしこさを、一人一人が持っていて、
「とにかく、何とかする!」

そういう方が、おもしろいんじゃないかなと、
いうのが、ぼくの好み。

だから、社会(…