小中学生、読解力強化におすすめ(生物好きな子にももちろん)『サバイブ』

 『サバイブ』


内容もおもしろいですが、文章構成がしっかりしているので、
小中学生の国語(読解力強化)の練習に使っています。
とてもいい本。憧れます。


1つの文も、情報のかたまり、かたまり同士の関連を図解して説明。
文章全体も、どのようにつながっているのか。
どうしてこれを書いているのか。それを考えれば、次に何がくるかほとんど予測がつく。ちゃんとわかる。深くわかる。


読解力は、すべての基本。
読めてるつもりでも、読めてない。
読めるって、そこまでわかるんだ!と、みんな喜んでくれます。
わかるともっと楽しいね!

このブログの人気の投稿

はじめにの読書会(200)『世界でもっとも美しい量子物理の物語』

『いちばんすきな花』が好きすぎて・・・カルタ作って正月遊ぼう

640時間の夏休みチャレンジ:日常の中の無限の学び