(スワ算数)どのチームが強い?

6歳の子から、「最近ヤクルト強いらしいね」とあったので、

(スワハラが効きすぎてて、なんかすみません)

今日はそこから「スワ算数」。



今日(10月11日)時点の勝敗表を見てみよう。

ヤクルト 68勝 45敗 16引き分け

阪神   71勝 54敗  7引き分け


あれ?

ヤクルトが一位なのに、阪神のほうがたくさん勝ってるよ! たくさん勝ってるのに、一位じゃないなんて、変じゃない?


勝率(割合)の話はまだまだ難しいのですが(小5)、身近なことから感覚でわかることはとても大切だと思います。


ヤクルトと阪神を比べると、

阪神のほうが3つ多く勝っているけれど、9つ多く負けてるね。

ヤクルトがこの調子で、同じ勝ち数になるとしても、9回は負けなさそうだね。

じゃあ、ヤクルトが強いってことでいいのかな。

じゃあ、別の例で考えてみよう。(この子はアルファベットが読める)
A~Dチームで試合をしたよ。
結果はこうなったよ。

(こういう表の見方も大切)

結果を整理すると、
Aチーム: 1勝 0敗 2引き分け
Bチーム: 2勝 1敗 0引き分け
Cチーム: 1勝 1敗 1引き分け
Dチーム: 0勝 2敗 1引き分け

これを見て何がわかるかなぁ。

Dチームが一番弱くて、その次にCチームが弱い。
(強い方じゃなくて、弱い方から見るという視点の切り替えが起こっている)

AとBは微妙だよね。
□ 先ほどの勝率の話
□ 直接対決の結果の話

結局は、ルールとしてどちらが強いのかを前もって決めておかないと
わからないよね。
★ あらかじめルールを決めることが大事
逆に言えば、あとからなら何とでもいえる。


====

似た話として、ぼくが前々から気になっているのは、
『最強生物 クマムシ』

1.押し出した方が強い
2.殺した方が強い
3.死なない方が強い

強さって結局、人間が決めているだけの話だよね。
(だから、他人が決めた価値観なんか、いくらでも覆すことができるというのは、もっと大きくなってからする話)


そのあとは、コンパスでいろいろと模様を作ってみて・・・
と、あっという間(本人談)の30分でした。


このブログの人気の投稿

勉強している時が一番落ち着く

爆発的な成長を促すのは、教材でも教師でもなく、人間関係

(学びの五輪書)八双の構え