投稿

2月, 2014の投稿を表示しています

青山プレップスクールの『売り』

20年後の未来のために、青山プレップスクールです。


オリンピックも終わり、

受験もほぼ終わり、

卒業の季節が近づいてきました。


先生をしてくれている東大生たちも

年々、少しずつ入れ替わっていきます。


新しい先生が来た最初の日、

みんな一様にびっくりして帰るのは、

「(生徒さんたちが) みんなとてもいい子だ!」

ということ。


それ以前に、家庭教師や塾講師を経験したことのある人もいますが、

それをみんな口にします。


多少のリップサービスもあるかもしれませんが、(笑)

ぼくは真に受けています!


=============


別に売り出しはしませんが、

生徒たちが素晴らしいことが、青山プレップスクールの一番の『売り』です。

(って言われても、困りますよね。だから、あんまり言いませんが)


残念ながら、謙遜とか、そんなことでもないです。

客観的に見て、何が一番クオリティが高いかというと、生徒です。


いやー、そんなんじゃー、まずいですよね。


だから、ぼくもがんばります。


(速報) 計算力と、算数・数学力の、理不尽な関係

イメージ
20年後の未来のために、青山プレップスクールです。



最近、iPhone の Ninimaths というアプリにはまっています。


これを使って、とても簡単な実験をしています。

20~30人ですが、ちょっと意外な結果になっています。



★ 計算力と、算数・数学力は、ほとんど関係がない


じゃあ、何と関係がありそうかというと・・・

★ 計算力と、年齢は、関係がありそう




えっ・・・


ただ、年齢が増えれば、計算力は増すの?




実験は、さまざまな子どもを対象に、

1ケタ同士の足し算・引き算・掛け算の混ざった問題を

30問解いてもらって、

その得点 (スピードも加味された、Ninimaths のアルゴリズム)

で評価しています。



細かな実験データは集計中ですが、

おおざっぱにいえば、算数・数学の成績にかかわらず、

また、この子は数学できるな、とぼくが日頃思っていることも、ほとんども関係なく、

ごくごく単純に



小学校低学年: 10点台

小学校高学年: 20点台

中学生: 30点台

高校生: 40点台


ほぼ、このようなデータになります。

ちなみに、ぼくが何回かやって、最高は49点。

東大生たちにもやってもらって、みんな40点台。

ムキになった法学部生が最高得点で、51点 (笑)。

↑ 別の話ですが、こういうことは、良いこと!


======================


どうして、このような結果になるのか、

観察しながら、考えています。



今のところ考えられるのは、、、以下の2つ。


★ このくらい簡単な計算だと、

   数学できない子でも、それなりに量をこなしてきており、

   経験『量』が、結果に影響している。


★ このくらい簡単な計算だと、

   計算力よりは、反射神経や、器用さ、『テキパキさ』が、結果に大きく影響する。


======================


これらから、さらに、今後の指導に向けて考えられること

◎ やたら難しい計算をたくさんやることに、意味はないのではないか。
   計算ができても、数学はできないことはいくらでもある。
   逆に、そんなに計算できなくても、年齢を重ねればそれなりにできるようになる。

◎ 『テキパキさ』は、あった方が、ないよりはいいので、
   『テキパキさ』のトレーニングとして、
   簡単な計算を、数多く、スピードを重視して練習する。


小学校の…

集中したい、集中力を鍛えたい、、、「集中しよう!」と思っても、おそらくうまくいかない

イメージ
20年後の未来のために、青山プレップスクールです。


集中力がない!



子どもたちだけでなく、保護者の方にとっても、

またお仕事をされている方にとっても、

大きな悩みのひとつ、、、、ですよね。

ぼくも、それが最大の悩みです。



「集中しよう!」 と思って集中できるくらいなら、苦労はない。

「集中しなさい!」 って怒鳴ったって、逆効果。


いったい、どうすりゃいいの? と。


===========================


毎日、子どもたちに教えている中で、最近ちょっとわかってきたように思います。

■ 気が散るものを遠ざける
ことは、当然必要だけど、現実的には限界があります。
できる範囲で、遠ざける。

■ 深呼吸したり、目を閉じて、心を落ち着かせることも、
初動動作としては必要です。

そのうえで、
★ これからやること、その結果について、ありありと想像を巡らせること
が、かなりかなり有効です。


子どもたちの場合は、自分では難しいので、こちらが手助けして、
◇ これからやることは、どういうことなのか


   場面、登場人物、使える道具、聞かれていること・・・かなり細かいところまで
◇ どのように、それがわかるようになるのか
   たいていの場合は、情報整理



最初にゆっくりと話していくと、   ← かなりゆっくり
かなりいい確率でスムーズに進むように思います。


(結果については、あまり考えない方が、率が高いように思います)



自分の頭で具体的に想像できれば、脳は勝手に、嫌でも(笑)、集中してしまう。
逆に、想像できないことは、いくら強制されても、想像できるものの方へ意識は向いてしまう。


当たり前か。


想像力って大事だな、と最近特に思います。


第一志望に合格しても、大して褒められないなんて・・・

イメージ
20年後の未来のために、青山プレップスクールです。


(*画像はイメージです*)


受験シーズンも、

徐々に煮詰まってまいりました。

まだまだこれからの子もいる一方で、

見事、第一志望に合格して、

「これにて終了!」となっている子もいます。




でもね、、、

受かった子には、ぼくは厳しいんです。


◇ 選ばれたということは、もちろん気持ちとしてはうれしいけれど、

   それ以上に、期待に応える義務を負うことになることを忘れないでね。

   これから、どうするか?

   どのように周囲の期待に応えていくか?

   今のプランを聞かせてください。


◇ 合格したということは、合格しなかったほかの全員の子たちへの義務も負っている。

   本当に入りたくて、一生懸命勉強して、本当に能力あっても落ちている子もいる。

   その子たちの分まで、自分が代表して、これから生きていく覚悟はありますか。


まあ、実際ここまであからさまには、いうことはありませんが、

スタンスとしてはこんな感じです。



これ、別に、受験に限らず、

試験を突破して公務員になった時、会社に入った時、

選挙に当選して政治家になった時、

結婚して、夫または妻となった時、

仕事を頼まれた時、お金をいただいた時、

・・・


同じだろうと、ぼくは思います。


これまでの努力は、もちろん評価します。

でも、本当に大事なのは、これからです。



合格おめでとう。


自分の目で見たものに感動できる心が、科学の第一歩

イメージ
20年後の未来のために、青山プレップスクールです。



右の本は、マイケル・ファラデーが、70歳の時に行った

ロンドンでのクリスマス講演の様子を記したもの。

ろうそく (当時身近であったもの) を使って、

最先端の研究成果の近くまで、6回の講義で

子どもたちを導いていきます。


この中で、ファラデーがしきりに口にするのが、

この美しい ~~

という言葉。



それまでも、何万人もの人々が、ろうそくの炎を見たことでしょう。

しかし一方では、ファラデーほどその美しさに心を動かされた人も、多くはないのでしょう。


もちろん、ろうそくに限った話ではありません。

◇ ダムの美しさに感動する友人がいます。

◇ コンピュータ・プログラムの美しさについて語る先輩がいます。

◇ 日本語の美しさ、源氏物語の世界に魅了されている人がたくさんいます。

◇ 数式が、美しいという大学生がいます。

◇ 「笑い」の力に感動し、希望を見出す友人もいます。

◇ 生命の不思議、本当に不思議です。

何かを見て、感動できるかどうかって、【感性の問題】 なのでしょうか。



同じモノを見ても、それに感動する人と、「あー、それ知ってる」という人と、

「そんなんどうでもいいじゃん」という人と、、、

人によって反応がさまざまなのは、どうしてでしょう。


特に、子どもたちを見ていると顕著ですが、

「それ、知ってる」と自分で思っていると、ほとんど見なくなってしまいます。

水槽で飼っているタナゴをちらっと見て、「あー、メダカね、学校で飼ってるから知ってるよ」

ぜんぜん知らねーだろー(笑)。



スピード優先、情報先行の現代においてこそ、

身の回りのちょっとしたことに、不思議だなと思ったり、きれいだなと感じたり、

知れば知るほどよくできている、知りたいことが広がっていく、、、

そういう感動を大切にして、感性を磨いていってほしいなと思います。

何かに感動した経験は、素直で謙虚な気持ちを、同時に引き起こすものと思います。



一方では、最近話題になった、あのニュースについて。

いわゆる、自称文系の人たちってすごく、数字が好きで、「論理的」で、他人を決めつけすぎてないかな。

◆ これが、視聴者・読者が知りたい情報だ。

◆ 「わかりやすく」 伝えた方が、数字が取れる。

◆ 「リケジョ」をキーワードに市場を開拓しよう。

王室やタレントじゃないんだから、服装の…