マスカレード・ホテルさま、ありがとうございました。

 ようこそ、いらっしゃいませ


なんとなく観た「マスカレード・ホテル」にはまってしまい、

先週からホテルマンとして子どもたちとお相手をさせていただいております。

何にはまったかというと、お辞儀の美しさ。


(なんだなんだ、また変なことが始まったぞ!)

という感じの反応ではありますが、だんだんと馴染んでくれてる(かな?)


もちろん、遊んでいるだけではございません。

接し方から、丁寧にいたしますと(親しさよりも丁寧さ)

いつもよりもよくわかるそうでございます。


子どもたちの普段の生活を考えてみますと、

子ども扱いされたり、親しく接してくれる人はいるでしょうが、

最大の敬意を払われる経験は、あまりないのかもしれません。

そして、新しい環境に対応するために、

(普段は眠っている)集中力を発揮するのかもしれません。


また、私の演技?が拙いために、小芝居感が出てしまいます。

ただそのことによって、自分も芝居の一部となって演技を始める。

それが、想像力を広げているように感じます。


夏休み前半のオスカーさまは、私の拙さが目立ちすぎてしまったのですが、

今回のホテルマンはどのくらいいけるでしょうか。


https://masquerade-night.jp/mh/

このブログの人気の投稿

勉強している時が一番落ち着く

爆発的な成長を促すのは、教材でも教師でもなく、人間関係

(学びの五輪書)八双の構え