世界から、算数嫌いをなくす方法 (天地創造プロジェクト内: もしも、ぼくたちがカエルだったら)

20年後の未来のために、新・青山Fプレップスクールです。



世界から、算数嫌いをなくしたい。



突然ですが、数を数えてみてください。

1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12、、、

ぼくたちが普段使っているのは、10を1つのかたまりとしてとらえる

10進法というルールを使った数です。


では、ぼくたちはいつから、どうして、10進法を使うようになったのでしょう。


確かな証拠はありませんが、

ぼくたちが手を2本持っていて、

それぞれに5本ずつの指が付いているからだと考えることが自然です。


=== 10進法の起源 ===


人や動物を数えたい欲求が起こった時に、

一番身近にある指を使って数え始めることは、まあ自然だと思います。


そこまではOK。


1,2,3、、、指を折って数えていく。

右手がいっぱいになったら、左手も使う。

これも、自然な成り行きかと思います。



そして、左手もいっぱいになった!!


どうする?


足の指を使ってもいいのですが、そこまで起用じゃないですよね。


ということで、その辺にあった棒切れを、指いっぱい(10)の印として

使い始めた人がいたのではないかとおもます。


それが流行った。

きっと、多くの人にとって、リーズナブルだったのだと思います。



=== じゃあ、もしかして。。。 ===


さてさて、長々と10進法の起源を想像してみましたが、

ってことはですよ。

もしも、ぼくたちがカエルみたいに指が3本だったら。。。

(* 後で調べてみたら、カエルの指は、4本が多いそうです。。。どうしよう。。。)


1,2,3,4,5,6

ここで、指がいっぱいになってしまいます。

そうすると、ここで棒切れを持ってきて、

6をひとかたまりとして扱うようになる。


ぼくたちは、6進法の数字で、世界を認識することになります。

でもそれって、どういうことなの?


それはまた、明日にしようと思います。





このブログの人気の投稿

勉強している時が一番落ち着く

爆発的な成長を促すのは、教材でも教師でもなく、人間関係

(学びの五輪書)八双の構え