ぼくらが、サッカーW杯(ブラジル大会)日本代表から学んだ、1つの大事なこと (「らしさ」とは何か?)

がんばっている人を全力で応援する、新・青山プレップスクールです。


サッカーのワールドカップ、盛り上がってないですね!

日本代表が負けてしまったからなのでしょう。


================


いろんな事を言う人はいますが、

当事者が、大きなプレッシャーの中ででがんばった

選手、スタッフのみなさんに、

ぼくは敬意を表します。


一方で、ぼくたちはぼくたちで、

彼らの経験から、何かを学び取って、

ぼくたちの未来につなげていきたい、

そういうスタンスで、子どもたちと一緒に考えてみました。


================


たくさんのポイントが挙げられましたが、

ぼくが一番、みんなに考えてほしいのは、【らしさ】について。


■ 日本らしいサッカー

■ 自分たちのサッカー

とは、何だったのか。


それは、ぼくたち自身に置き換えれば、

◇ 自分らしさって何だ?

◇ ぼくらしい生き方って何だ?





自分がやっていて楽しいかどうかは、1つの重要な基準。

だけど、それだけでは、決められない。


社会の中で生きるぼくたちは、常にある程度は周囲のことを気にしなくてはならない。

たとえば、他人がすごく嫌がることを、自分も決して好きではなくても、

そこそこ我慢できるということがあれば、それはそれで「ストロング・ポイント」にできる。



他人が与えるものでもないし、「正解」があるわけでもない。

最初からうまくいくなんて、あり得ない。



試行錯誤して、失敗・惨敗・挫折・・・死屍累々を乗り越えて、

そのプロセスそのものが、

その人らしさを、少しずつ、つくっていくのだと思います。



結果は、時に残酷なものであることもあります。

今回のサッカーにおいても、何か少しの偶然の転がりで、

もしかしたら、勝てていたかもしれない可能性は、誰も否定できないと思います。

だから、結果を知ったうえで何か考えても、

あんまりおもしろくないと思うのです。


=================


初戦: コートジボワール戦

直前の親善試合で課題となっていた、立ち上がりの守備の不安。

「ふわっと試合に入ってしまった」

という反省があった状況で、

大事な初戦、前半15分。

無難に立ち上がり、おまけに先制点まで取れた!

さあ、あなたならどう考えるでしょうか。



なんてことを、授業の合間にやっております(笑)。


=================



人生に一度あるかないかの、最高に緊張する大舞台で、

自分らしく振る舞うことができたら、それは最高に素晴らしいことであるし、

たとえそれが、うまくいかなかったとしても、

その経験を次につなぐ (または次の世代につなぐ) ことができれば、

むしろ貴重なサンプルになります。



================


ぼくたちが学校で勉強する歴史というのも、

試行錯誤した先人たちの、苦闘の痕跡です。

結果だけを暗記するなんて、どうでもよくて、

その時代に、その場所で生きた人々の、

喜びも、哀しみも、苦悩も、ありのままを想像させてあげたいと、

まあ、ぼく自身ができているわけではないので、

一緒に、想像できるようになっていきたいなと、

常々思っています。


歴史に限らず、数式でも、化学式でも、英語の文法でも、なんでも、、、

生きているものが、そこにありありと存在する

それを、なんとかがんばって、なんとかなんとか伝えていくからね。


================


ところで、ワールドカップ。

本当におもしろいのは、

まさに死闘が始まるのは、これからですよ!


**

『水曜どうでしょう』の『激闘!西表島』でいえば、

これからが、夜釣りです!

**


このブログの人気の投稿

勉強している時が一番落ち着く

爆発的な成長を促すのは、教材でも教師でもなく、人間関係

(学びの五輪書)八双の構え