働き方改革もいいけれど、学び方改革

改元に伴う10連休

子どもたちの話を聞く限りですが、結局授業の総時間は変わらないから、
他へしわ寄せが行くだけ。
やることは変わらないから、テスト前にぎゅっと詰め込まれるだけ。

もちろん、休みだからこそ出来ることはたくさんあります。
学校の勉強だけが勉強ではない。(というか、学校の勉強なんてごくごく一部)

★ 偉い人たちは学習の効率について考えているのかな?

やたらと宿題を出して、子どもたちに過度の残業させる塾も多いそうで、
しかも親も巻き込んで、子どもを監視・管理している。

無理矢理詰め込んだ知識なんて、すぐに抜け落ちてしまう。
また詰め込む、、、の悪循環。

★ 塾の金儲けのために、自分の子どもを犠牲にしてはいけないと思う

一方でおとなは、働き方改革と称して、
学ぶ機会や意欲までも、放棄しようとしている。

★ 学習なしに成長できるのかな?


学ぶということを、改めて考えるタイミングだと思います。


このブログの人気の投稿

「面倒くさい」との面倒くさい戦い

勉強は受験生だけのものではない(という文化)

(算数)5で割ると2あまり、6で割ると3あまり。。。