2021年4月8日木曜日

数の感覚、数の概念(その2:対策のあれこれ)

うちの子は、数の感覚がないんじゃないか、

そんなご相談を受けての話。


人間が自然状態としての数は、(一目で識別できる、直感的という意味)

1,2,3,たくさん (すごい人で、7,8)


それ以上は、抽象概念として、人工的に獲得するもので、

かなり高度で難しいことなのではないでしょうか。


ではどうすればよいのか。

(地味すぎる話で「映え」ません。

 Aができたら、Bができ、そしたらCができ、

 みるみる・・・みたいな話にはなりません。

 ならないところが、生物であり、そこが肝だと思っています)


□ 数えること

たくさんのものをまずか数えてみよう。

ぼくがやっている中で一番みんなが興味を持ってくれるのは、

「お金」(なんとなく涙)なので、

100円玉をたくさん用意しています。

(interest の意味を知って高校時代に愕然としました。それは別の話)

1000枚ほどあります。

これを好きに数えてもらっています。

みんないろいろな数え方をしていて、見ていて楽しいです。

□ 束にする、かたまりにする

まあこんなのも、小学校1年の算数の教科書に書いてあるのです。ただみんなやってないだけ。

□ 測る、計る、図る、諮る、謀る

定規でもいいし、巻き尺でもいい、長さを測ろう。

体重計でもキッチンスケールでもいいです。重さも計ろう。

計量カップ、バケツなんでもいいです。量も計ろう。

ストップウォッチ、時計、なんでもいいです。時間を計ろう。

□ カウントダウン

数え上げるのに慣れたら、カウントダウン。

100から1ずつ。

慣れたら、200から、5ずつ。

慣れたら、350から、7ずつ(ぴったり0になるかな?)

□ 好きなことのなかの数字

スポーツが好きだったら、練習中いつも数えていると思います。

絵を描くのが好きなら、細かいところを書き込む前に、大きなレイアウトを決めるところからやってみましょう。

本が好きだったら、今日何ページ読んだかな。何冊読んだかな。

積み上げると何cmになるかな。

お金が好きだったら、投資ゲームみたいなものでもよい。

ゲームのなかには数字がたくさん出てきていて、

だけどインフレしているものが多いから、具体的な感覚には結びつきにくいんだよな―――。

□ スパルタ(量をこなす)

こんなオールドスタイルな勉強も、時には取り入れる価値はあります。

どのくらいの量だったら、どのくらいの時間と労力で片付けられるかを実感するため。

前提としては、かなりの程度できるレベルになってからやると良いと思います。

計算祭り、100問ノック!

など。

気持ちを盛り上げてからやりましょう。

処理能力は確実につきます。



結局、こんな簡単なことを、

じゃあ、本当にやっているか、わかった気になってやっていないか、だけの違いです。しかしそれが、子どもたちの将来を結構左右してしまうと思うと悲しいなあ。

そこはぜひ、ご家庭でもうまく誘導していただきたいと思います。

何でもやれば楽しい、わかれば楽しい、楽しければ上達する。

さらに、これからの人類(NovumpteryX と命名しています)にとってはこれでは足りません。

◇ 複雑なことを複雑なまま処理できる頭脳

◇ 指数関数的な動きを察知できる頭脳

◇ 大きな数を直感として理解できる頭脳

これらの開発のため、チャレンジングな課題を1つ設定していますが、なかなか滞っています。

ご協力いただける方がいらっしゃるといいなと思い、

それはつづきで。

手を動かしながら考えることは、自由であり、楽しいこと、そして切り開かれる未来

天然知能 友の会 新・碧山Fプレップスクールです。 昨日の、野辺山宇宙電波観測所の立松さんの話でもありますが、考えることが楽しいと思えるかどうか、 幼少期にそのような経験をたくさんしているか、 ということがひたすら大事だとぼくも思っています。 しかしいまだに、 目先のテストの点数...