授業料の実質無償化

20年後の未来のために、青山プレップスクールです。

政府にかなり先駆けて、青山プレップスクールでは、
授業料の実質無償化を行っています。

ただしそれは、「人気取りのため」や「とにかく生徒さんを集めるため」
といった、そんな動機でやっていることではありません。

実はもっと、恥ずかしい状況からスタートしてしまったのです。


青山プレップスクールの授業料実質無償化は、
生徒さんの「困った」に対応するためにやったことが、
当初予定していた料金モデルと合わなくなったために発生した、
要はシステム上のバグです。

ただ、それもいいかな
と思い、そのまま放置しています。

前述の通り、何か人目を集めるためにやっていることでもなく、
また本当にそれだけが目的で、青山プレップスクール本来の方向性と異なる
生徒さんが増えてしまっても、全体に支障が出てしまうため、
「知る人ぞ知る」事実です。


それにしても、ビジネスセンスの欠如には、
我ながらあきれ返るしかありません。。。



ポチっとお願いします。

blogramランキング参加中!

このブログの人気の投稿

勉強している時が一番落ち着く

爆発的な成長を促すのは、教材でも教師でもなく、人間関係

(学びの五輪書)八双の構え