コロ夏2を乗り越えて

 コロ夏2も、昨日で一区切り。

写真は、授業後の私です。


人数絞って、オンラインも併用して、進めるべきことは進めて、子どもたちが飽きないように、アルバイトの子や卒業生たちも、、、などなど。

去年の経験はありましたが、なかなかに、なかなかでした。

最後の一週間は、授業後はしばらく動けなかった。体力!


とはいえ、若い人たちと、未来のことを一緒に考えるのは、

精神的には楽しいこと。こちらが活力をいただいているようなものです。

楽しいことばかり、でないはずがございません。


よその子、うちの子、関係なく、

大人と子ども、先生と生徒という立場を超えて話ができることは、最近の流行(分断)に反する行為ですが、自然な形でもっと広がると良いなと、私は思っています。

このブログの人気の投稿

勉強している時が一番落ち着く

爆発的な成長を促すのは、教材でも教師でもなく、人間関係

(学びの五輪書)八双の構え