2019年5月16日木曜日

悪気なく、単に忘れることってあるのです

ぼく自身もあります。
悪気はないんだけど、ぽかっと忘れてしまうこと。
特に、あまり気乗りのしないことだったりすると。

子どもたちに対して、「まじかよ!」と思いたくなるときもあります。
だけど、忘れたものは仕方ないんですよね。
そこで怒っても良いことはない。特に感情的になっては悪い展開しか想像できない。

自分は忘れるものだ、ということを前提に据えて、
(誰もが、子どもたちも、自分は完璧に出来ていると思っている)
少しでも忘れにくくするにはどうしたらよいか?
そんな話をしています。

「面倒くさい」との面倒くさい戦い

勉強って面倒くさいですね。 そしてそれに付き合うのも、同じくらいかそれ以上に面倒くさい。 ===== やってみせ 言って聞かせて させてみて 誉めてやらねば 人は動かじ ===== この仕事を始める12年前 あー、なんて面倒くさいんだ。ぼくには絶対にでき...