若手社員の育成に悩む卒業生(A君)からの相談

「その子(B君)、悪い子じゃないんですけど、なんでそうなるの?ってことが多くて」


詳しく話を聞いていくと、
『「指示通り」ができない人たち』にある事例とそっくりでした。

  • 「指示通り」ができない、わからない

  • 常識が通じない

  • 話を聞いてない

  • 説明がわかりにくい

  • アドバイスを意地悪と受け止める

  • ウソをつく

  • すぐヤケになる

  • 感情の起伏が大きい

  • 効率が悪い


一方的なA君の言い分ではありますが、高校生の時から知ってる彼の思考パターンから考えれば、それほどは事実とは違わないのだろうと思います。

その後、本の内容について。私が出会ってきた子どもたちの話。A君を教えていた時に私が考えていたこと。A君が今頑張っていること。などなど、たくさんお話ししました。私もとても勉強になりました。


話題は主に、

  • 読解力、インプットの質と量(結局、インプット大事だよね)

  • 記憶力は先天的か後天的か

  • 思考力、情報の整理と理解にはパターンがあるのにね

  • メタ認知、再帰あたりが肝でしょうね

  • 非認知能力

  • 育った環境、培ってきた受験特化の「成功体験」

  • 少子化、コロナ、ネットゲーム、親ガチャ

  • 褒め方、注意の仕方、個性、部下を何と捉えるか

  • モチベーションや習慣は、表層にすぎない


A君が勉強を通じて学んできたこと(私が背景として重視していたこと)

  • 1対1で、噛み合った対話

  • 相手も人間であるということ

  • 読書の習慣

  • 未知の情報をどのように捌いて理解するか

  • 記憶、スピード、正確さの磨き方

  • 目的に対する合理的思考、問題解決のアプローチ

  • 穴がないか、どうチェックするか、どこまでチェックするか、ミスが出にくい工夫

  • 環境、時間の利用法(これらはとても個別的なこと)

  • 話を聞くこと、書いてあることを読むこと

  • 他者視点、目的を疑う、相手に合わせて改変する

  • 精神的安定、回復力、感情のコントロール


ついでにちょっとだけ、私が今取り組んでいること
・くえるか!(興味のないことを楽しむ練習)
・あのねなぬーく(君たちはどうアンパンマンになるか)

若い人と、静かにちゃんと話ができるっていいものです。


最後に私から。
「もちろん、仕事と割り切って付き合う、もしくは切ることことはできるし、もしかしたらその方が安全かもしれないけれど、
まあでも、出会ってしまったんだよね。
B君を、会社からも評価される人にするために頑張ってもいいんじゃない?A君だって、たまたま恵まれていただけ。B君はたまたま、あまり恵まれていなかっただけ。今度、B君も連れてきたらいいよ。私も話を聞いてしまったからね」

このブログの人気の投稿

はじめにの読書会(200)『世界でもっとも美しい量子物理の物語』

『いちばんすきな花』が好きすぎて・・・カルタ作って正月遊ぼう

640時間の夏休みチャレンジ:日常の中の無限の学び