女の子に読んでほしい。最後の30ぺーじだけでもいいから

 

「女性に学歴はいらない。無理してあくせく働く必要もない。なまじ学があると小賢しくなる。男に敬遠される。そもそも女性は子供を産んで育てるようにできとる。それが自然や。男は外で働き、女は家を守り、子供を育てる。それが自然な姿じゃないか?」

というおじいちゃんに対して、整くんが意見を言います。

「だったら、女性にこそ、教育や教養が必要だと思いませんか」

ここからの話は、まさに私が女の子や保護者の方にお話ししている内容で、本当に納得してもらえます。


私には拡散力がないので、ぜひこのマンガの最後の30ページだけでもいいから、読んでほしいです。

その子の人生、変わります。






このブログの人気の投稿

(学びの五輪書)八双の構え

はじめての夏期講習(第一弾):夏野菜と自習のマリネ(ビーバー風)w/ LONGING HOUSE 北青山

青山プレップスクール卒業試験?