本を読み始めた頃

それまでは小説や実用書しか読んでいなかった。ノンフィクションを読むようになったのは、友人に勧められてから。それが立花隆だった。

事実は小説より奇なり とはいうけれど、ぼくがそのおもしろさを知るようになったのは、立花隆からだった。

その後、立花さんの調査の方法や猫ビルについても知るようになり、自分もあんな家に住みたいと思った。実際、ある程度本だらけの生活ではあるけれど、立花さんのそれにはまったく及ばない。

まあそれはいいとして、

現実社会が、ときに個人の想像を超えて興味深いものであること。

そういう視点を持っていれば、どんな出来事でも(たとえ一般的に辛いと思われるようなことでも)結構楽しめたりしてしまうこと。


そんなことを伝えたいと思って、子どもたちに、やたらと本を勧めたり、貸したり、あげたり、読書会を開いたりしています。


それもあの日、

「ジャーナリストとかいいなと思って。立花隆みたいな。同時代を撃つとか読んでみたら?」とか話していた(当時ぼくは立花隆を知らなかったのですが)、

あの日から始まったんだなと思い出しました。




このブログの人気の投稿

勉強している時が一番落ち着く

爆発的な成長を促すのは、教材でも教師でもなく、人間関係

(学びの五輪書)八双の構え