はじめにの読書会(55)なぜこの人と話をすると楽になるのか

 次回、「はじめにの読書会」(55)

8/20(金)21時~

1.『ペンギンが教えてくれた物理のはなし』 https://amzn.to/3zMawQG

2.『銀河の片隅で科学夜話』 https://amzn.to/3jujY4L

3.『失われたいくつかの物の目録』 https://amzn.to/3qYYj7Z

4.『教養としての映画』 https://amzn.to/3fYkAOY

5.『なぜこの人と話をすると楽になるのか』 https://amzn.to/3lzfpsA

6.『本当の戦争の話をしよう』 https://amzn.to/3jU6pvA

0.最近のニュースなど雑談会


5番『なぜこの人と話をすると楽になるのか』が選ばれています。

コミュニケーションについて、特に「話を聞く」ということについて、

子どもたちだけでなく、大人も学ぶことは多いと思います。


===
「はじめに」を一緒に読んんで本についてあれこれ話したり、
雑談もあったりの、「はじめにの読書会」。

事前準備も本の準備も要りません。(興味を持ったら買ってね)


□ 英語、言葉
  『Harry Potter sorcerer's stone
  『FACTFULNESS』
  『英語で考える力』
  『ふだん使いの言語学』

□ 数学、科学
  『美しい数学の物語』
  『数学、それは宇宙の言葉』
  『数学ガール』
  『数学をつくった人びと』
  『生命はなぜ生まれたのか』
  『量子とはなんだろう』
  『人工知能はどのようにして「名人」を超えたのか?』
  『エレガントな宇宙』
  『新薬の狩人たち』
  『シュレディンガー方程式』
  『おバカな答えもAIしてる』
  『理不尽な進化』
  『世界史は化学でできている』
  『計算する生命』

□ 歴史、哲学
  『戦略図鑑』
  『ブループリント』
  『空海の哲学』
  『イスラエル諜報機関 暗殺作戦全史』
  『自民党の正体』
  『世界がわかる比較思想史』
  『哲学と人類』
  『世界史は化学でできている』

□ アート
  『13歳からのアート思考』
  『MATH ART』

□ お金、経済
  『村上世彰 高校生に投資を教える』
  『父が娘に語る経済の話』

□ 自己啓発
  『最高の脳で働く方法』
  『才能を開く編集工学』
  『叩かれるから黙っておいた世の中の真実』
  『メンタルクエスト』
  『超影響力』
  『自分だけの才能の見つけ方』
  『教養脳 自分を鍛える最強の10冊』
  『プロフェッショナルたちの脳活用法』
  『コミュニケイションのレッスン』

□ そのほか
  『ちょっとの丸暗記で外食レベルのごはんになる』
  『城の攻め方・つくり方』
  『悪の箴言』
  『2040』
  『カレーにまつわるエトセトラ』
  『アメリカを動かす宗教ナショナリズム』
  『この1冊、ここまで読むか』
  『京大変人講座』
  『地下世界を巡る冒険』
  『萩尾望都と竹宮惠子』
  『居るのはつらいよ』
  『さよなら、俺たち』


ぼくが選んだ中から、毎回抽選ランダムに、次回の本が決まっているので、
さらっと紹介しただけの本も、この2,3倍あります。


「自分ではなかなか手に取らないであろう本」を基準に選んでいます。


ふだんほとんど本を読まなかった高校生たちが、
「はじめに」と「目次」だけとはいえ、
気がつけば数十冊の本に触れています。

ぼく自身の高校時代を考えれば、すごいことだと思います。

このブログの人気の投稿

勉強している時が一番落ち着く

爆発的な成長を促すのは、教材でも教師でもなく、人間関係

(学びの五輪書)八双の構え