2014年6月23日月曜日

ヤクルトファンのすゝめ (サッカーW杯を観て)

ぼくは最近、人生で一番たくさんサッカーを観ています。

平均すると、1日1.5試合くらい。。。(すみません)


これだけ集中してみると、いろいろと自分なりにわかること、学べることが

あるもんだなあと思っております。



=================


サッカーそのものも、大変興味深いですが、

日本代表の応援も、またおもしろいなーと思って見ています。



物心ついた時から、

ヤクルトスワローズ(プロ野球)を応援しているぼくですが、

つまり、勝ったら我ことのように、俺がすごいみたいに喜んで、

負けたら、選手や監督の批判をする、

ってのは、どうなんだろうなと思うわけです。



たしかに、外野から見てあれってことは、もちろんあります。

だけど、現場の監督や選手が、ギリギリの判断でしたことに対して、

どうして情報量が少なく、経験も少ない者が、

単なる思い付きで、何の責任もない立場から、あーだこーだと言えるものかと。



『自分たちの戦いをする』

選手たちは、それが如何に難しいか、わかったうえでの、

震えながらの発言だと思います。

相手は当然、それを防ごうとするわけで、

その相手の上をいかなければならない。

一番困難な道を、極限の状態で選んで、壁を乗り越えようとしています。



『自分たちのサッカーを信じて』

それで済むほど、世界(世間)は甘くないわけで、

だけど、最後の最後、腰を据えて戦うには、

自分たちを信じるしかない。


決して、ポジティブな意味でも、そしてネガティブな意味でもなく、

ニュートラルな気持ちで、精一杯頑張ってきてほしいと思います。



勝っても負けても、(当たり前ですが) ぼくはどちらでもいいです。

選手たちが、持てる力を発揮してくれたらと思います。




そして、外野でブーブー言っている人たちには、

完全にしらけきってしまった人たちには、

一度ヤクルトファンになった方がいいんじゃない?

と、アドバイスしたいです。(笑)