投稿

4月, 2018の投稿を表示しています

生きてれば大変なこともあるかもしれないけれど、なんとか力強く生きていって欲しい。そのための、盾と剣と仲間と仰ぎ見る星と。

イメージ
20年後の未来のための、他にないけど当たり前の学びの方法と見方を提供する 新・碧山Fプレップスクールです。

11年が経とうとしています。
何の経験も算段も後ろ盾もないところからのスタートでした。諸先輩方に相談しても、「何それ?」、「人来るの?」、「お金の匂いがしない」など。金融機関や経営コンサルタントからも「あり得ないでしょ」と。

まあ、自分の生活のことや、お金のことなど考えずに、残り人生でぼくが未来の社会のために何ができるか、と考えて始めたことなので、前述のご指摘はごもっともです。

『生きてれば大変なこともあるかもしれないけれど、何とか力強く生きていって欲しい』

そういう人たちが、新しい世の中を作っていってくれたらと、今でもほとんどそれだけを思っています。

一般に「教育」というと、聞こえが良いのか、簡単そうに思えるのか、やってみようとしたり、実際に始めたりした人は知人の中にもいますが、結局始められなかったり、始めたけれどすぐにやめてしまったり。そんな中で、ぼくは大変ラッキーだったのだなと思います。

『生きてれば大変なこともあるかもしれないけれど、何とか力強く生きていって欲しい』

そのために今、何が必要なのか。(もしくは、何は実は不要なのか) これだけ多様な社会の中で、画一的に指し示すことなどできないと、少なくともぼくにはできないと思っています。だから、一人一人に、そっと手渡すように。そしてそのためにぼく自身が毎日悩みながら準備をし、授業をし、その結果を振り返り、まとめをしています。

ところで、ではいったいぼくは子どもたちに何を手渡しているんだろう。 現時点のぼくが意識しているのは、【盾】【剣】【仲間】【仰ぎ見る星】です。
□ 盾    「攻撃は最大の防御」なんて言ったりもしますが、    ぼくは、しっかり守ることは基本であると考えています。    今の時代、これからの子どもたちにとって、何が盾となるのでしょうか。    ・ 正しく読んで聞いて、    ・ 論理的に考え、自分の意見を述べる    ・ 未だに「学歴」というものも通用する場面もある    (これはでも、まあ簡単な部類)
□ 剣    でも、盾だけではダメなんですね。足りないんですね。    強みを活かす、長所を伸ばす、誰もやったことがないことにチャレンジする。    それは「学校の勉強」の範囲内でも…