2015年7月4日土曜日

好きなことをするか、することを好きになるか

20年後の未来のために、新・青山Fプレップスクールです。


今年は、北陸年なのでしょうか。

身の回りに北陸があふれています。(笑)

北陸新幹線が開通し、

この本を読んだというだけではありますが。

『天皇の料理番』




子どものころに食べたコロッケに感動して、料理人の道に進む主人公。

明治という時代と一緒に、世界まで飛び出していくあたりは、とても面白いです。


====================


子どものころ好きだったものが、そのまま一生の仕事となって道を究めていく人生。

いいなと思います。

歴史上名を残した人で、そのような人生を歩んだ人はたくさんいます。

メディアが取り上げるような美談も、多くはこのパターンです。

夢をあきらめるな! 努力すれば夢はかなう!


一方では、そうでない方向でもいいんじゃないかと、ぼくは思います。

いろんなことに興味を持って、いろんなことが好きになる。

大好きなことが一つしかない人生よりも、百も千もある人生は、

それはそれで豊かではないかと。


もっと言えば、そちらの方がいいのではないかと思います。

仮に好きなことを一生やっていけるとしても、全部が全部、

好きで埋められるわけではないと思うのです。

好きなことの周囲には、嫌いなこと、苦手なこと、面倒くさいことが、

その何倍も散りばめられているものではないでしょうか。


好きなことしかやらない、よりも、

やっていることを好きになる。


学校の勉強すら、そういう風に取り組むことができたら、

きっと豊かな人生を送れると思います。



ああ、でも、中途半端は良くないですね。

やるんだったら、期間限定でも、息止めてがんばるのが良いです。

やり過ぎだと人から言われるか、やり過ぎたな!と自分で反省するか、くらい。

『勝者の資格』

「一」にはじまり、「一」はすべて すべては不調時の過ごし方で決まる 練習とは、不可能を可能にすること 適当な仕事にスランプなし 進歩はなぜの積み重ね なぜチャレンジには限りがないか 仕事の三大要素ー計画、実行、確認 尊い知識ほど単純である 理をもって戦うという...