2014年1月31日金曜日

ぼくが、ラテン語を勉強し始めたわけ

20年後の未来のために、青山プレップスクールです。

あけましておめでとうございます。

なんと、1月も今日で最後。

すっかり更新が遅れてしまいました。


===================


最近、ぼくは急に、ラテン語の勉強を始めました。


ラテン語を勉強して何になる?   何にもならない。

なんか得するの?    ちっともしません。。。

かっこいいから?    そうかな~。

語学が好きだから?  語学は大の苦手です。



では、どうしてかというと、、、

みんなと同じ気持ちを思い出すため。



なんだかよくわからないものを、

すきでもない、得意でもないものを、

無理やりやれと言われて、どんどん授業が進んで、

宿題もいっぱい出て。。。



それって、どんな気分だったのか、

ぼく自身、忘れていることがあるんじゃないかな、と思って。



ということで、始めていますが、

正直なかなかきついです。。。



だって、、、(泣き言だけど) 活用多過ぎ!

be動詞だけで、20種類以上?

しかも、ラテン語って、基本的には誰も使っていない言語。



まあでも、無理やり良いことを考えれば、

古代ローマの書物が、原文で読めるようになるのかな。



つらいけど頑張ってます。

だれか、付き合ってくれませんか?








うちに来ている全女子に読んでほしい本『キリン解剖記』(2019ベストブックぼくの)

去年から、うちの子どもたちに薦めまくっている 『キリン解剖記』 帯を読むと、「研究者たいへんだけど楽しい」本のように思いますが、 内容はそれだけにとどまりません。 むしろぼくが子供たちに読んでほしいと思っている点は、 ○ 成長物語として ○ ミステリー...