2012年2月28日火曜日

困った先生(数学)

20年後の未来のために、青山プレップスクールです。

最近立て続けに、数学で、
しかも、三角比、三角関数といった、似たような単元で。

学校は異なるのですが、若い男性の先生だそうです。

▼ 公式を使ってなかったら、× (やる気あるのかとのコメントまで)
▼ 授業で教えた解き方をしてなかったら、×

内容としては、それはぼくに非があるといえるのですが、
ぼくは、三角比を教える時には、 必ず三平方の定理とセットで教えることにしています。
だって、中身は同じことを言っている。
三平方の上に、三角比が乗っかって、その上に三角関数が乗っかっているわけですが、
ベースの三平方の定理をしっかりと意識しておくことが大切だと
ずっと思っていました。
で、そのように解答を書いたら、
学校の先生から、お叱りを頂戴したそうなのです。。。


公式を、無味乾燥に暗記しても忘れてしまうから、
必ずベースの考え方とセットにして、「理解」しておく。

ところが、世の学校の中にはそうでないところもあるのだなと。。。


俺が教えた通りじゃなきゃダメだなんて、
それは、数学ではなくて、宗教ではないかと思うわけです。


数学って、自由なものだと思うけどなあ。


【思想の自由】の王様が、数学だと思うんですけどね。


ポチっとお願いします。

blogramランキング参加中!

^^  

2012年2月11日土曜日

本の進呈(外苑前熊野通りで始まった)

20年後の未来のために、青山プレップスクールです。

一念発起して、1Fスペースの書籍の整理を始めました。
いつかはやらねば。。。と思っていたのですが、
2012年を新たな創業の年として、心機一転。
(別に塾を閉じるわけではないので、次のステージへという意味です)

2012年2月7日(火)の夜から始めました。
翌、2月8日(水)から、私が不要となった本を、
街の皆さまに差し上げることにしました。
目標は、当初1,000冊出す予定でしたが、
上方修正し、1,500冊出すことになりそうです。
(原価を考えると恐ろしいことに。。。)

なかなか好評で、お昼時を中心に、たくさんの方がお見えになり、
本を抱えて帰る方も数多く。

目的は、もちろん蔵書数を減らすことではありますが、
これからの活動(2030年デザイン事務所)のための新たな空間づくり。
また、近隣の方とよりお近づきになることです。

無料進呈は、来週には終わると思いますが、
それ以降も、スペースと本棚は、お貸しできるようにしようと思います。


ただこれが、なかなかの難業で。。。


ざっと、4,000冊あると見積もって、
1冊1冊
□ 要不要の判断
□ ほこりを払って、折れたページを直して、カバーを直して
□ データ登録
やっていると、平均で15秒は掛かるんですね。

すると、4,000x15=60,000秒
=1,000分
≒17時間

それ以外に、本のある程度の分類をしたり、
足の踏み場を作ったり、
進呈用に、まとめたり、進呈用の箱が乱れたら直したり、
他に、書類を整理したり、、、、


だから、なかなか手が付けられなかったわけですが、
今やらなくて、いつやるんだ!との一念で。


リニューアルの目標は、2月20日(月)です!


ポチっとお願いします。

blogramランキング参加中!

^^  

東京の大学で英語でディベートしてそうな部 潜入調査計画

  今回我々は独自の調査により、駒場の杜に潜むという同胞の棲息を示す確たる証拠を得た。更なる調査を進めるために、特別潜入チームを組織する。数々の難関基準に合格し、最後は適当にクジで選ばれた3名の隊員に、今回の任務を依頼する。 ミッションコード: ZZZ02(寝るな!) ...