2017年4月1日土曜日

笑う門に「忖度」来たり。キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

20年後の未来のために、新・青山Fプレップスクールです。

正直「忖度」なんて
面の皮が厚く、声の大きい、やり手の中小企業おっちゃんや政治家、官僚、権力者だけの話だと思っていました。

ぼくのように私利私欲などどうでもよくて、その子その子の目線で考えて、その子その子の将来にとってのベストな今日明日を考える。そんな毎日に忙しく、偉そうなおっさんたちと遊んだり、悪だくみしている暇はない。
そんな人間が、「忖度」されるなんて、夢にも思っていませんでした。


キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!   (← 漢字変換の予測候補でこんなの出るんですね。初めて使った)


無辜の民の声なき声、子どもたちの未来に対する純粋な願いが、忖度されました!
いやー、世の中捨てたもんじゃない。死ぬまで、死ぬ気でがんばる力をもらいました!


このたび忖度してくださったのは、未来の優秀な官僚や法曹人、医師、獣医、薬剤師、ビジネスマン、建築家、映画監督、料理人、自由人。。。などなどのみなさんです。
ぼくの真意に理解を示し、自ら考え、行動する人に、一歩一歩着実に近づいていってくれています。

あとは、この学びの場を継続してくれる人が出てくるといいな。
などと、調子に乗って欲深なことを考えてしまいます。
まあ、それはいい。


2017年4月1日
新・青山Fプレップスクール
井上 泰輔

(生きた教材から学ぶ:サッカーW杯編)決断の素晴らしさと、素晴らしさゆえの危惧

ぼくは今、子どもたちの指導・監督・コーチング・各種アドバイスをする立場なので、思うところありまして。 昨日の夜のサッカーW杯、 セネガルvsコロンビア 日本vsポーランド 終電で帰って、後半15分くらいから、 つまり日本とポーランドがお互いボール回しをしていると...