2011年5月24日火曜日

iPadのある教室

20年後の未来のために、青山プレップスクールです。

もう1カ月ほど前になりますが、
iPad2 買っちゃいました。


未来の教育(それもそう遠くない将来)、
iPad のような個人端末を使いこなして、
特に知識教育は、進化していくことでしょう。


英検、TOEIC、漢検、、、さまざまな資格試験向けの
教材は、これまでも通信教育や、ゲームソフトとして
提供されてきました。

今この瞬間も、たくさんのコンテンツが提供されていることでしょう。



しかし、ぼくはそれだけではもったいないと思います。
もっと言うならば、
大事なのは(特にこれから)


コンテンツではなく、コンテキストだ


と思うわけです。


コンテンツはありすぎるほどある。

どれも、はっきり言って、『帯に短し襷に長し』だ。

だって、作りたい人の頭の中と、ぼくの頭の中は違うから。

だから、コンテンツ探しを始めてしまうと、

一生かかっても『最適なコンテンツ』なんて、見つけられない。



コンテキストを理解し、

自分のコンテキストの中にどう取り入れていくか。



そこが、ぼくにとっては主戦場です。



『勝者の資格』

「一」にはじまり、「一」はすべて すべては不調時の過ごし方で決まる 練習とは、不可能を可能にすること 適当な仕事にスランプなし 進歩はなぜの積み重ね なぜチャレンジには限りがないか 仕事の三大要素ー計画、実行、確認 尊い知識ほど単純である 理をもって戦うという...