2017年5月18日木曜日

哲学と心理と青山プレップスクール(ppAp)

2017年5月18日(木)
今日はゆかしネットワークスLLCの第11回創立記念日です。つまり10年経ちました。

非常に飽きっぽいぼくなので、いまだに変化をし続けております。
願わくばそれが、良い方向であればと。

さて、10年もやっていると、私の指導時間も30,000時間を超えるのですが、
そして青山プレップスクールの場合は、all-comers。来るものを拒まず、
さまざまな経験を得ることができます。

年齢でいえば、下は5歳から上は50歳まで。
指導教科も、いわゆる5教科にとどまらず、またMBAなどの留学支援。
生徒さんたちも、飛び級したほうがいいんじゃない?という子もいれば、
数学年戻ったところからやり直さなければならない子。
興味津々やる気満々の子もいれば、まったくそういう気配の感じられない子もまあいるもので。

そんな経験を通して、
ぼくのやっていること、青山プレップスクールでやっていることの特徴であったり、これからの方向性というものも見えてくるものです。

1.教科の境目なく、さまざまな知識を総合して、
    自分を取り巻く宇宙、世界、環境を理解しようと努めること

2.できるだけその子その子の全体状況(学校、家庭ほか)を把握し、
    状況に合わせた接し方をするとともに、その子自身の
    「自身を見つめる目」を育てていくこと

3.単に知識やテクニックを伝えることよりも、
    同じ目線で同じ方向を向いて、一緒に考えることを通して、
    考えるという行為の空気感を共有し、それを楽しいと感じてもらうこと

1 はつまり、哲学であり(philosophy)
2 はつまり、心理であり(psychology)
3 はこれこそが、青山プレップスクール(Aoyamaprepschool)
だと思っており、これをつなげれば、ppAp。おお流行だ。


外の世界をよく観て、うちの心をよく聴いて、
今日も一緒に楽しく学ぶことができたらと思います。

2017年4月1日土曜日

笑う門に「忖度」来たり。キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

20年後の未来のために、新・青山Fプレップスクールです。

正直「忖度」なんて
面の皮が厚く、声の大きい、やり手の中小企業おっちゃんや政治家、官僚、権力者だけの話だと思っていました。

ぼくのように私利私欲などどうでもよくて、その子その子の目線で考えて、その子その子の将来にとってのベストな今日明日を考える。そんな毎日に忙しく、偉そうなおっさんたちと遊んだり、悪だくみしている暇はない。
そんな人間が、「忖度」されるなんて、夢にも思っていませんでした。


キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!   (← 漢字変換の予測候補でこんなの出るんですね。初めて使った)


無辜の民の声なき声、子どもたちの未来に対する純粋な願いが、忖度されました!
いやー、世の中捨てたもんじゃない。死ぬまで、死ぬ気でがんばる力をもらいました!


このたび忖度してくださったのは、未来の優秀な官僚や法曹人、医師、獣医、薬剤師、ビジネスマン、建築家、映画監督、料理人、自由人。。。などなどのみなさんです。
ぼくの真意に理解を示し、自ら考え、行動する人に、一歩一歩着実に近づいていってくれています。

あとは、この学びの場を継続してくれる人が出てくるといいな。
などと、調子に乗って欲深なことを考えてしまいます。
まあ、それはいい。


2017年4月1日
新・青山Fプレップスクール
井上 泰輔

2017年3月10日金曜日

(MBA GMAT/GRE MATH)大事なことと、大事じゃないことと。(いわゆるSTEM教育にも通じること)

20年後の未来のために、新・青山Fプレップスクールです。

MBA等留学のための、GMAT/GRE。
その数学の指導をさせていただくようになって以来、
いつも気になって、申し上げていること。

【大事なこと、大事じゃないこと】

うちにいらっしゃるのは、もちろん数学が苦手だ、
もしくは学校時代は嫌いじゃなかったんだけど、
現状少し苦戦されている方々です。

たくさんの方々に指導させていただいた中で、
ほぼ共通して、認識を新たにしていただきたいことがあります。

□ 考えればわかること
□ 考えてもわからないこと

それを、『明確に』区別するということです。

確かに学校のテストや、GMATにしても、
あらゆるパターンを暗記して、点数を取ることはできます。
しかし、その戦略の欠点は、ある一定以上の分量になると、
そして特に社会人の方など、勉強時間が限られている場合に、
「なんとなく」、「うろ覚え」
のまま対応せざるを得ない状況に陥ってしまいがちであること。

日常生活や、簡単な読解力を試すようなテストでしたら、
それで相当程度足りるのですが、
より厳密な議論を重ねている場合には、むしろ欠点の方が大きくなってしまいます。

==========

最近よの中でもよく語られるようになった、いわゆるSTEM教育。
science, technology, engineering, mathematics
これらが、特にいわゆる「文系」の方にとってこれから大切になると。

根っこは同じところにあると思います。

★ 汎用的な細かな部品を組み合わせると、    ★
★ 想像もつかないようなすごいものができあがる ★
★ ということを、実感として理解しているか   ★

ポイントは、できるだけ汎用的で小さな部品を使うこと。
そうしないと、応用が利きません。
便利な道具は、便利な分だけ適用範囲が狭い。
細かな汎用部品は、それだけでは大したことはないけれど、
組み合わせれば、なんにでもなることができる。


LEGOでいえば、細かな1つ1つの部品。
それが何であるのか、どこに出っぱりや穴があるのか、
それはよく見ておく必要があります。

そして、その部品を丁寧に積み重ねていくこと。
焦ってはいけません。
手順通り正確に組み合わせれば、いろんなものを作ることができいます。

人体、生物、宇宙のあらゆるものも、同様です。
原子が集まって分子となり、分子が集まって細胞となり。。。
1つ1つの仕組みは、ごく単純なものです。
ただそれが膨大に組み合わさった時に、今の地球のようなものができる。

脳の動きもそうです。1つ1つは単なる電気信号の伝達です。
それが、膨大に組み合わさると、おなかがすいたり、数学を考えたり、
人生に悩んだりします。

ものすごく単純で小さなものが、ものすごくたくさん集まると、重なると、
まったくもってすごいものが出来上がる。
その間を埋めるのが、想像力であり、知性であると思います。

その第一歩として、「定義」を大切にしてください。


グラフの傾きが、マイナスになるものはどれですか?

と聞かれた時に、グラフが何か、グラフの傾きとは何を表すのか、
ということがわかっていなければ、なかなか対処が難しい。
たまたま問題で聞かれた書き方で、
x座標の差分と、y座標の差分を掛けたものがマイナスならば、
傾きはマイナスになる。
といくら記憶しても、ほとんど意味がありません。

定義を確認しないまま、検討や議論を始めない。
おそらく、お仕事などでも当たり前のことだと思うのですが、
「算数」、「数学」と言われてしまうと身構えてしまって
普通の思考ができなくなってしまう。


個々の問題は、絶対にあとでできるようになりますので、
まずは、用語の意味、定義がはっきりわかる状態にする、
ということを最優先に勉強を始められるのが良いと思います。

2017年3月7日火曜日

勉強は、自分のペースで進めるという文化

20年後の未来のために、
新・青山Fプレップスクールです。

その子にとって、最高の教育とは何か?

結果、たどり着いたのは、
勉強は、自分のペースで勝手に進めるもの
という文化を育てることです。

===========

ぼく自身が中学生だった頃、「勉強は、学校の授業でやるもの」、「テストは、学校の授業をどれだけ理解できているか試すもの」と、思っていました。
だから、「予習や復習はずるいこと」、「テスト勉強はずるいこと」とも、思っていました。(今でも一理あるとは思っていますが、その意地みたいなものはあまり意味がない(笑))

結果としては、、、
わからないところ、できないところが、ドンドン蓄積されていく形となり、
成績は右肩下がり、左肩上がり。

勉強は、特に嫌いではありませんでしたが、もちろん好きではありませんでした。

ただ高校1年の冬だったと思うのですが、「さすがにこれではまずいのではないか」という事態に至ってようやく降参。仲の良くまた勉強のできる友だちに聞いたのです。
「どうやって勉強してるの?」

===========

★ 【勉強は、自分のペースで勝手に進めるもの】

   学校の授業を待つ必要はない。
   学校の授業って申し訳ないですが、とてもダラダラしています。
   それは、仕組みからして仕方がない。
   全員に合わせるわけですから、本当に仕方がないのです。

   でも、公立は悪い。
   一人ひとりの頭の中、理解の仕方、進み方は、それぞれ違うのですから。

===========

うちではみんな、「自分の勉強を、自分のペースで進めようね!」としています。

たとえば、中学受験をした小学6年生の多くは、
受験の翌週から、できる限り自分で教科書を読み進めてもらっています。

学校の授業が始まるのを待たなくていい。待つ意味がない。
わかるなら自分で進めてしまっていいですよ、と。

約1カ月経ち、つまり4回ほどの授業で、
通常学校では4カ月ほどかかるところまで来ています。

去年からそういう形で進めた今の中学1年生は、おそらくこの夏か秋には、中学の範囲を終えるでしょう。

2年前からそういう形で進めている子は、もう高校生の内容に入っています。
3年前からこの形でやっている子は、高校の内容(数IIB)まで終わってしまいました。


別に急がせているわけではありません。
できるなら、そしてできるから、やってしまおう。


結果としては、学校の定期テストは特に対策は必要なく、しかもトップクラスなので、追われることなく、気持ちよく勉強できています。
小学生の頃はちょっと自信がなかったかな?という子であっても、
自信がついているようで、学校生活も楽しそうに見えます。


何より、勉強に対する嫌悪感がなく、
新しいことに挑戦する意欲があることが、いいです。


こちらが特に尻をたたくわけでもなく、
びっちりレールを敷いてその上を歩かせるわけでもなく。
自分で発見やテーマを持ってきてくれたりもします。


高校受験、大学受験も特に心配はしていません。
少なくとも成績的には、自分で行きたいところを選んでいけると思います。
(偏差値を見ながら、行けそうなところ。。。と考えるのではない)



自分の勉強は、自分のペースで勝手に進める。

本当は、本当に、それだけのこと。

2017年2月16日木曜日

受験狂騒に付き合う必要はないのでは。

20年後の未来へGO!
新・青山Fプレップスクールは、20年後の未来のために、
学ぶことの意味を再構築する文化育成事業体です。


ぼくが創業時から目標にしていることは、
【勉強=受験】という概念を崩すこと。

普通に、自分のペースで勉強していれば、
たとえ最難関校の受験であっても対応できます。
そして、それに掛かる時間も費用も、確実に半分以下。


多大な時間と労力とお金をかけて、
必要のないことまで無理やり子どもや保護者に負担を強いる。
どうしてこんなにブラックなことが、現代で通用しているのか?
いったい誰のためなのでしょう。
いわゆる受験産業で働く人たちの雇用、既得権者の保身にしか思えません。


==================


でももっと大事なことは、子どもたちの将来のこと。

● 教えてもらったことを覚えることが勉強
● 塾に通わないと勉強できない
● 目先の数値的な「結果」だけを求めて、本質的な理解ができない

そんなおとなを、本当にみんなで育てようとしているのでしょうか。


学生アルバイトもしかり。
そこで、自分が既に知っていることを適当にしゃべっていればお金がもらえる。
そんな周りに流されると、単に時給の高いところを目指します。

数百円の差で損得勘定をして、
教える側がちっとも学んでいない。


ぼくが親であれば、絶対にそういうところに子どもを預けたくないと思うのですが。


学ぶとはどういうことか、
そこから一緒に考える人たちと、一緒に成長できる喜び。

学ぶことは本来、人間にとって楽しいことであったと
ぼくは思っています。


2017年2月4日土曜日

言葉の実弾


やらなければ、やられる。

そんな飲食店の話をさせてください。




2017年1月末日、
外苑前で45年間続けられてきた世界で一つだけのお店が、常連さんたちではちきれんばかり、賑やかに喧しく平常運転の中、幕を下ろしました。最後は感傷的な感じになるのかな?と思っていたのですが、みなさんそんな玉ではありませんでした。

ぼくは今の仕事を始めてから、特にこの3年ほど、3日を空けずと足を運んでおりました。
板さんのおいしい料理はもちろんですが、お店のマスターと常連さんたちが連日繰り広げる丁々発止、慣れないうちは喧嘩かと思うほどだったのですが、いつしかそれがクセになり。
元来口数の少ないぼくは、それでもなんとなく気に入っていただいて、言葉の実弾が飛び交う戦場ような場所で、なんとなく流れ弾を浴びておりました。

30年来、40年来の常連さんたちは、みなさんがそれぞれさまざまな業界の中で実績と肩書のある方々なのですが、お店の中では時間が逆戻りするようです。青年のように口角泡を飛ばして激論を交わし、冗談を言い、罵り合い、じゃれ合っている。また30年40年、人生をともに歩んだお店であったとも言えます。ここにいると、人生のさまざまな思い出が融け合って、1つの時間になっているようでした。時間感覚がおかしくなります。


ぼくの仕事は、子どもたちに言葉を伝えること。


しかし人生経験の少ないぼくには、「仕入れ」が必要です。
映画・音楽・絵画・芸術・芝居・建築・現代アート・デザイン・スポーツ・世界・仕事・経営・科学・オカルト・政治・教育・歴史・文学・恋愛・結婚・家族・・・人とその生き方
ぼくは夜ごと、人生の先輩方が身を切って発している言葉を「仕入れ」ては、
なんとか咀嚼できたエッセンスを
算数や国語、英語、理科、社会などの授業の中に、そっと忍ばせて子どもたちに伝えるのです。

子どもたちにとって「仕入れ」の場であったらいいなと。


45年という年月は、ぼくが生まれて生き来た年月でもあります。

そろそろぼくも、「仕入れ」ではなく、自らが「生産」するしかないのかな。
ちょっと不安です。

なんとなく続いてくれるんじゃないかと、まだ甘えています。



2016年12月31日土曜日

2016今年うれしかったこと

新・青山Fプレップスクールは、20年後の未来のために、
学ぶことの意味を再構築する文化育成事業体です。

今日、大晦日も何人かの子が来るというので、開いておりましたが、
先ほど最後の授業が終わりました。


今年一年を振り返って、いろいろと可能性にワクワクもしていますが、
うれしかったことと言えば、ごくごく日常の会話。


1.「通うとみんな、こんな風になるの?」

   何人かの保護者の方や、個人的な友達から聞かれたことです。
   子どもたちや先生(大学生)たちを見ての感想。

   どんな風なのかは、定かではないのですが(笑)、
   とても好印象を持っていただいたようでした。

   ただそれは、、、もともといい子たちだっただけの話です。
   そして、ある程度自由にものが言える環境を整えれば、
   自然にそうなるのではないでしょうか。


2.「なんで俺たちみたいなやつのこと信用するの?」

   ちょっとやんちゃな子のセリフでした。
   いろいろやらかしたり、宿題やって来なかったり、
   何度やってもできなかったりすることはあっても、
   ぼくは、人として信用して接しています。
   (だから、先生という意識もないし、生徒という意識もない)

   もしかしたら、未来のイチローかもしれない。
   持っている才能を、どうしたら伸ばしていけるか。
   今やっていることは、芽を摘んでいるのか、伸ばしているのか。
   指導者の好みで、型にはめるのは、決して才能を伸ばすことにはならない。
   (偶然そうなるかもしれないけれど)

   後からしゃしゃり出て、「彼は俺が育てた」みたいなことも言いたくない。

   今は世の中全体の風潮として、
   □ 無責任な甘やかし (キラキラ系)
   □ 厳密な規則、管理 (責任回避系)

   そんなんじゃなくて、
   「責任もって甘やかす」という文化が広がればと思っております。


3.「正月暇だから」

   正直、ちょっと休みたいという気持ちもあるのですが、
   元日以外は、誰か勉強に来ています。

   今年は、非受験生の子が結構来ています。
   「正月暇だから」

   そんな塾って、あんまりないだろうと思います。



とにかく、今年も一年ありがとうございました。


2016年12月31日

新・青山Fプレップスクール
井上 泰輔

哲学と心理と青山プレップスクール(ppAp)

2017年5月18日(木) 今日はゆかしネットワークスLLCの第11回創立記念日です。つまり10年経ちました。 非常に飽きっぽいぼくなので、いまだに変化をし続けております。 願わくばそれが、良い方向であればと。 さて、10年もやっていると、私の指導時間も30,000時...