2020年3月3日火曜日

パンドラの函(行かなきゃダメ?)

1。行かなくていいんじゃね?
2。それでも学校の必要性
3。独学に必要なサポート


毎日、とても勉強になりますね。
□ 知識や思考力の差が目に見えてわかる
□ 人間の心理、パニックに陥りやすい傾向
□ 気づく人は気づいてしまったことと、長期的な影響

2020年は日本人にとって
「行かなくてもいいんじゃね?」元年になるのかな思っております。


1。行かなくていいんじゃね?
たとえば学校。
いわゆる学校の勉強であれば、自分で学ぶ気持ちがあれば、
本もあるし、YouTubeのようなものもたくさんあります。
自分でいくらでも学べるし、講義中に質問ができて、
誰かが答えられるようなシステムがあれば、むしろ効率が良い。

友達とのおしゃべりも、インターネットでほとんどできる。
文化祭なども、工夫をすればネット上でやった方が盛り上がるかもしれない。
スポーツも、テニスがしたいならテニススクールに行けば良いし、
野球のクラブで専門的な指導を受けられた方が、子どもにとっても良い。

今回のコロナウィルスが、人類にとっての最後の感染病ではありません。
これから先も、このようなことはしばしば起こります。
今回を「前例」として、みんな気軽に学校を休むようになるでしょう。


ぼくは、それで良いんじゃないかなと思います。
特に知識を身につける、トレーニング的な練習問題は、
みんな一斉にやる必要性が元々ない。
(コストを掛けないというメリットはあったけれど)

人間の能力そのものを、もっと伸ばさなければならない。
そのために、今までの仕組みは古すぎると思っています。


2。それでも学校の必要性
一方では、学校はやはり必要と考えます。

学校でしかできないこと。それは、
■ 意味不明に理不尽なことを要求されること
  (そんなことへの耐性もないとまずい)
■ 興味もない、得意でもないことをやらされること
  (好きなことしかやらないのは、いかにも世界が狭い)
■ 身体性を伴う突っつき合い(じゃれあい)ができること
 (身体を通して成立するコミュニケーションは、たぶん思っているより大切)
  これはあくまで「たぶん」ということしか、今は言えませんが、
  例えば、人間っぽい AI ロボットを作ろうとしたら、やはり身体性が課題だと思います。


3。独学に必要なサポート
今も、有料・無料でさまざまな教材が提供されています。
独学に適した環境が整いつつあるからと言って、
みんなが独学できるわけではありません。

独学は、(独学といいつつ)周りのサポートが必要なのです。

□ マネジメント的サポート
  (これをやろうとしている人は多いと思いますが、
   集団でおこなうよりも格段に効率が良いことを前提に、
   マネジメントの在り方も見直すべきだと思います)

□ 心理的サポート
  (優しい笑顔が何よりの心の栄養)

□ 特性あったサポート
  (情報は一般向け、その子の背景(心理、身体、環境・・)込みで考える)

□ 異次元、亜空間のサポート
  (広い視野で遠くを照らすこと)

□ サポートする人をサポートすること
  (楽しい面もあれば、大変な面もあります)


オリンピック開催に向けたアピールのための政策だったかもしれませんが、
自分で考えて行動できる人が増える、大きなきっかけになると良いですね。

本当は難しい、本当に難しい、読み聞きそろばん+書き

自分らしく生きていくための大切な準備を行う場所。 それが新・青山Fプレップスクールでございますよ。 小学生から社会人まで、コロナに負けず、むしろこれはよりよい未来への進化が加速する契機になるととらえ、まあでも固くならずに楽しみながら学んでいます。 準備。 プレップスクールという名...