2020年1月22日水曜日

うちに来ている全女子に読んでほしい本『キリン解剖記』(2019ベストブックぼくの)

去年から、うちの子どもたちに薦めまくっている
『キリン解剖記』





帯を読むと、「研究者たいへんだけど楽しい」本のように思いますが、
内容はそれだけにとどまりません。
むしろぼくが子供たちに読んでほしいと思っている点は、
○ 成長物語として
○ ミステリーとして
○ 子育てのヒントとして

等身大の著者が、進路に悩みながらも、
何かに導かれるように道が開けていく。
目の前の1つ1つの出来事が、縁を呼び、運を開いていくあたりは、
特に著者が女性であることもあり、全女子にお勧めしているポイントです。

キリンの首の骨のなぞについて、
定説があり、しかしよく考えると謎があり、
その謎を仮説と観察、実験によって解明していくあたりは、もうミステリー。

そして最後にちらっと触れられているお母さんのこと。
キリン研究者の作り方は、とても参考になりました。


買っては、貸すかあげているので、今手元にありません。

郡司さんには、また本を書いてほしいです。

2020年1月16日木曜日

小学生から宿題を出されたので、お手本を示したよ。宿題は「学べ高」に注目しよう

小学生から、「どうしても観てほしい」と宿題を出されました。

「あるテレビ番組を、来週の月曜までに、少なくとも4話は見て、感想を述べること」


今週末は、大学入試センター試験とかもあって、時間取れないんだよー。
とはいえ、ここで逃げていては示しがつきません。
算数の課題をバーターにして、請け負うことにしました。


ところが進めているうちに、
「ふむふむ、勉強になるなあ」と、メモを取り始めて、
さらには、
「あれ、これって宿題の進め方のサンプルになるのでは?」と。



結果、右の写真です。


【宿題の進め方の未来の4常識】

0. 宿題はやることが目的じゃないよ。
   それを通して何をどれだけ学べたか?に注目。
   「学べ高」

1. 期限よりもずっと早く終わらせる
   どうしても期限が迫ると、終わらせることが目的になってしまいます。
   それでは「学べ高」が下がってしまいます。
   ぼくの場合も、明らかに週末に時間がなかったこともあり、
   出された日から3日くらいで、一通り終わらせました。
   ここから、軽く全体を見渡しながら、「収穫」です。

2. 出された以上にやる
   相手の期待や想定は、「超えるもの」だと思ってね。
   ぼくの場合も、4話までの約束でしたが、見られるだけ(26話)まで見ました。

3. メモを取りながら進めること
   宿題を通して、自分が「勉強になったなー」と思ったことをメモしていきましょう。
   写真は、そのメモです。
   「勉強になるなー」というセリフを片っ端からメモしていきました。

4. 学んだことは、早速使ってみる
   そして、早速使ってみましょう。
   イメージが持てて、自分の血肉になったときが、「学べたとき」だからね。
   ということで、しばらく発言がおかしいです。


宿題はこんな風に進めてね。


参考までに、ぼくがピックアップしたセリフ一覧。
(ごく個人的な、さらに特別お気に入りは、赤太字(笑))


□ 生殺与奪の権を他人に握らせるな

□ みじめったらしくうずくまるのはやめろ

□ 時を巻いて戻す術はない

□ 人に聞くな、自分の頭で考えられないのか

□ 判断が遅い

□ 呼吸を整えて、わなの匂いを嗅ぎ分けろ

□ ご自愛専一にて、精励なされますよう

□ ねずこに向けて、今日から日記をつけることにした

□ 刀には力をまっすぐに乗せること

□ 全集中の呼吸

□ 水と一つになる

□ もっとやらないと、もっと

□ わしがしてやれるのはここまでだ。これから先は修行の時とは比べものにならんくらい辛く、厳しい日々が待っている

□ わからない。努力はどれだけしても、し足りないんだよ。知ってるだろ、それはお前も

□ 生きていくしかないんです。どんなに打ちのめされようと

□ 何か聞こえないか

□ あなたの腰の刀は、いったい何のためにあるのですか

□ 猪突猛進

□ おれはかまどたんじろう

□ もういい、数字を剥奪する

□ できるな、えらい、強いな

□ 俺は長男だから我慢できたけど、次男だったら我慢できなかった

□ 水はどんな形にもなれる

□ まっすぐ前を行け、己を鼓舞しろ、俺がくじけることは絶対にない

□ やっぱり、そんな気がしてたんだよね。しょういちくん、頼りになるねー

□ 骨折していようと俺はやる

□ 美しさも、儚さも、凄味もない

□ 気合だけじゃない、頭も使うんだ

□ すごいだろ、俺は

□ 悪化上等。今、この刹那の愉悦に勝るものなし

□ ずれてる ずれてる

□ 休んでるといい、無理言ってすまなかったな

□ はー?、俺は疲れてねえ、勝負だ

□ さあ、ついてこい、この私に

◎ そんなんじゃもう、ご飯一緒に食べてやんないぞ。ご飯はみんなで食べる方がおいしいんだぞ

□ お前も俺と同じ、山育ちなんだな

□ どのような時も、誇り高く生きてくださいませ。ご武運を

□ 怖いんだ。目的地が近づいてきて怖い。

□ 待ってくれ、何か方法があるはずだ

□ なんじゃそりゃー、おれもやりてー、見たかよ!お前にできることはおれにもできるんだぜー

□ てめー、これ以上俺をほわほわさせるんじゃねー

□ まるで川の水が流れていくのほど当たり前に、こいつは自分が前に出ることなく、戦いの全体の流れを見ているんだ

□ おびえることはないぞ。毒が回りきって蜘蛛になったら知能もなくなる

□ いやだーいやだー、あんな風になりたくねー

□ 死にはせん。この程度で

□ せっかく一緒の任務なのですから、仲良くしましょうよ

□ もしもーし。大丈夫ですかー

□ 血のつながりがなければ薄っぺらなんて、そんなことはない

□ なあ、お前、今、何言ったの?お前、今言ったこと、もう一度言ってみて、ねえ、言ってよ

□ 考えろ、考えろ、やべーぞ、考えろ

□ 何度でも言ってやる。間違ってるのはお前だ

□ すげーすげーすげーすげー、なんだこいつ、ワクワクが止まらないぞ

□ 私は怒っているのではありませんよ。確認しているだけ。正確な数字を

□ そんなことはない。一緒に行くよ。地獄でも

□ 知性も理性もまったくなさそうだったのに、すごいきちんとしゃべりだしたぞ

□ 人間はみな、お前の家族だ。人間を守れ

□ 人は守り、助けるもの。傷つけない。絶対に傷つけない。

◎ 証明しなければならない。これから

□ 何だろう、この感じ。ふわふわする。声?

□ 柱たちは当然、抜きんでた才能がある。血を吐くような鍛錬で自らをたたき上げ・・・だからこそ柱は、尊敬され、優遇される

□ あまり下の子にいじわるをしないこと

□ そっか、お前寝不足だもんな

□ 痛いしつらいけど、まだまだがんばらなきゃ

□ がんばれ、がんばることしかできないんだから、俺は昔から。努力は日々の積み重ねだ。少しずつでいい。前に進め

□ でっか、がんばろう

□ 君は心がキレイですね

□ 君には私の夢を託そうと思って

□ 鬼と仲良くする夢です

□ 兄ちゃんが必ず人間に戻してやるからな

□ 別に取って食べたりはしませんから。大丈夫ですよー。お気をつけて

□ 困ったときは基本に戻れ

□ 努力するのが苦手です。地道にコツコツやるのが一番しんどいです

□ 置いていかれた焦りからか、丁寧に教えてもらっても、うまく覚えられないんだよ

□ 肺をこう、こうやって大きくするんだ。血が驚いたら骨と筋肉がブオンブオンといってくるから、とどめるんだ。あとは死ぬほど鍛える

□ 私に聞かれたことのみを答えよ

□ 数えられたからといって終わりではない。そこからが始まりだ

□ 私が正しいといったことが正しいのだ

□ まっすぐに努力して積み重ねることができます。それによる伸びしろは期待以上のものでした

□ そうですか。もう行かれる。短い間でしたが、同じ時を共有できて良かったです。がんばってください。お気をつけて

□ そんなの関係ないよ。俺を手助けしてくれたあおいさんは、もう俺の一部だから

□ まあまあ、これは基本の技というか初歩的な技術なので、できて当然ですけれども。会得するには相当な努力が必要ですね

□ まあ、できて当然ですけれども、いのすけくんなら簡単かと思っていたのですが、できないですか。できて当然ですけれども。仕方ないです。できないなら。しょうがない。しょうがない

□ がんばってください。一番応援していますよ

□ まあまあ、そんなこと言わずに。姉さんはしのぶの笑った顔が好きだな

□ 姉さん、この子全然だめだわ。言われないと何にもできないの・・・こんなんでこの子どすうるの

□ どうでもいいの。全部どうでもいいから、自分で決められないの

□ きっと心の声が小さいんだろうな

□ 心は原動力だから。心はどこまでも強くなれる

□ 偶然だよ。それに裏が出ても、表が出るまで何度でも投げようと思ってたから

□ 礼なら仕事で返せばよい



(ちょっと聞き間違いがあるかもしれませんが・・・)

2020年1月3日金曜日

勉強は受験生だけのものではない(という文化)

2020年(令和2年、やっくる3年)
あけましておめでとうございます。


大晦日までやって、2日からやっていますというと、「受験だから大変ですよね」とよく言われます。

だけど事実としては、
□ 年末年始も来ている子の半分以上は、非受験生
□ 多くの子は、週に1,2時間来るだけ
□ ぼくも、日曜以外の休みは元日だけなので、むしろ少し楽


体の健康のためには栄養が必要です。だから毎日食事をします。運動も必要です。
そしてそれらを、単なる必要のため以上の、楽しみとすることができます。

同じように、
頭の健康のために栄養を補給したり、エクササイズをしたり、そしてそのこと自体を楽しめるようにする。

カビの生えたような知識、日常範囲のみの経験、
もっさり・ぶよぶよたるんだ思考力では、
ちょっと心もとない。
さまざまな「余白」を身に着けておくことは、
単に生きる以上のものを人生にもたらすのではないかな。

「試験」や「試合」というのは、
あくまで「試」であって、評価そのものではないはずです。
甲子園の優勝投手が、プロでナンバーワンになるわけでもありません。
そもそも試合前にあわてて猛練習とか、あるレベル以上はしないと思います。




「試験」も同じではないでしょうか。

全員でなくていいのです。食事や運動と同じように。
ちょうど昨日の月のように。

明けましておめでとうございます。より良い学習スタイルに向けて

明けましておめでとうございます。NovumpteryX! より良い学びのスタイルを一緒に考えていきましょう。(新しいか古いかはどうでも良い) 学びは、もっと自由で開放的で、ワクワクするものになれるはずです。 もちろん、今時点で「より良い」と思ったものが、将来「最善...