2019年9月30日月曜日

「面倒くさい」との面倒くさい戦い

勉強って面倒くさいですね。

そしてそれに付き合うのも、同じくらいかそれ以上に面倒くさい。

=====

やってみせ 言って聞かせて させてみて
誉めてやらねば 人は動かじ

=====

この仕事を始める12年前

あー、なんて面倒くさいんだ。ぼくには絶対にできないな。
ぼくほどの面倒くさがりは見たことがない。





絶対無理?
そう言われると、それに反発したくなってしまう。
(言われたわけではないけれど)

なんとかなるんじゃないの? (と根拠なく思ってみる)
そして、面倒なことに向き合おう。飛び込んで、浸ってみよう。


それから12年。
今ではいっぱしの「面倒くさい研究家」(自称)です。
そしてわかったことは、
「問題は何もない」ということ。


1.「面倒くさい」のではなく、「やりたくない」と言っている
2.ぼくも別に、「勉強」をさせたいわけではない


1について。
面倒だからやりたくないのではなく、
やりたくないと思っているから面倒に感じるということ。

では、やりたくなく、なくすれば良い。
□ まずこちらが、心にゆとりを持つこと、「きげんよく」していること
□ 面倒なことを、面倒なまま、一緒に楽しむこと
□ 小さな変化に気づくこと
□ 「対話」を成り立つことを前提に、上げたり下げたり


2について。
ぼくだって、面倒くさがりのセンパイとして、「勉強させたい」わけではない。
ぼくの理想は、
【みんな勝手に賢くなってくれること】

▼ ドリルをこなすこと
▼ テストで良い点を取ること
▼ 入試、資格試験に合格すること
などは、自然な賢さを磨いていけば、自然にそうなること。


社会やおとなの側も、
ひとりひとりの賢さに、ひとりひとりが気づく時代に向かっていると思います。
だから、安心して賢くなって良いよ。


「面倒くさい」との面倒くさい戦い

勉強って面倒くさいですね。 そしてそれに付き合うのも、同じくらいかそれ以上に面倒くさい。 ===== やってみせ 言って聞かせて させてみて 誉めてやらねば 人は動かじ ===== この仕事を始める12年前 あー、なんて面倒くさいんだ。ぼくには絶対にでき...