2015年8月17日月曜日

高校3年生の夏は、やはり特別

その先へ! 20年後の未来のために、新・青山Fプレップスクールです。



幼稚園児から社会人まで、一人一人がそれぞれの目的で通ってくれています。
もちろん、一人一人の目標のため、精一杯、頭と心とをこき使っています。

しかし、それでも高校3年生って、ぼくにとってはちょっと特別な存在です。


大学受験を控えているから?


もちろん、そういう面はあるのですが、
ぼく自身、それはあまり気にしていなかったりします。
(たいていは、それでもうまくいきます)


そんなことよりもぼくが気にしているのは、

【来年は、もうこの子は来ない】

ということです。
中学受験、高校受験の子であっても、来年以降はありますが、
大学受験の子は、本当にもう後がないというか。

もちろん合格した後に、「また、遊びに来ますよ!」と言ってくれる子はたくさんいますが、
でも、なんだかんだ、多くても年に1回くらい。
それも、ぼくが結構忙しいので、限られた時間にちょっとお話する程度。


あと半年、残り数回のレッスンで、この子を送り出さなければならない、
というプレッシャーです。


これから先も、学ぶことはたくさんあり(むしろこれから先の方がよほど大変)、
いろいろと困難に直面することもあるでしょう。
でも、なんとかやっていけるよな、と自信を持って送り出せるように。


そして、(完全にぼくの都合ではありますが) 将来、

   『○○さんって、どうしてそんなに何でもできるんですか?』

   『勉強の秘訣っていうか、基本はどこで学んですか?』

って、周りの人から尋ねられるくらいになって欲しいのです。



自分自身のバカな高校生時代も思い出しながら、
今、この時に、何を学んでほしいか。何を伝えるか。


1分1秒、無駄にしないように。

言葉を文字通りにしか解釈しない大問題

日大アメフト部の問題、国会でのうんざりするようなさまざまな問題、さまざまな企業のさまざまな不正。 「あり得ない!」と専門家が言えば言うほど、むなしく聞こえてしまいます。 * 藤井君や大谷君に対する「ありえない」は、    楽しいニュースです! 各種問題がこ...