2010年5月7日金曜日

(MBA GMAT MATH) DSで差を付けろ

理系脳で楽しませんか?

青山プレップスクールのMBA留学 GMAT MATH対策個別指導の宣伝です。


40~48点くらい取れている方に、もうワンランク上を目指していただこうと
マンツーマンで授業しています。


伸ばしやすいのは、Data Sufficiency じゃないかなと思います。


一緒に解いていても、

私がほとんどメモもとらずに、時間もかからない問題を、

たくさん図を描いて、計算して、、、(そしてどこかで間違えてしまう。。。)


とてももったいないと思います。


以下の手順は、常に念頭に置いておいてください。


1. 意味で考える = この問題は、結局何がわかればいいと言っているのか?

それでもダメなら、

2. 式変形で対応する = 絶対値とか、不等式は、このパターンになりがちではありますが。

それでもダメなら、

3. 数値代入(プラグイン Plug-In)で考える


この順番は、変えない方が良いと思います。

最初からやみくもに、プラグイン何かやってしまうと、

時間かかって仕方ない。



プラグインは、極力使わず(1セットで1問くらい?)

意味で迫っていければ、DSは平均1分を切ることができるでしょう。



時間も節約できるし、頭も疲れないと思います。



遠隔学習を強くお勧めしているのは、コロナリスク軽減のためだけではありません

新・藍山Fプレップスクール *はじまりのはじまり* では、遠隔学習(遠隔授業にとどまらない)を推奨しています。 もちろん、第一には今のコロナリスクを軽減するという目的があります。 しかしそれだけではありません。 学習そのものをもっとスマートにするこ...